ページ内移動用のメニューです。


プレスリリース

  • ニュース配信について

研究開発

2017年09月29日
北海道でPower to Gas実証事業を開始へ―風力発電のポテンシャルを水素で最大化―
2017年09月19日
省エネルギー型二酸化炭素分離・回収システムの実用化試験を関西電力舞鶴発電所で実施
2017年06月05日
新形状のLNG運搬船用モス型LNGタンクを開発、3つの承認機関から基本承認を取得
2016年12月27日
タイで細胞自動培養システムを使用した世界初のひざ軟骨細胞治療の臨床研究を実施
2016年09月30日
LNG燃料で航行が可能な世界初の自動車運搬船「AUTO ECO」の引き渡し
2016年08月25日
AI(人工知能)を活用したモーターサイクルの開発に着手
2016年04月01日
「技術研究組合 COフリー水素サプライチェーン推進機構」を設立-水素エネルギー社会の実現に向けて活動を本格化-
2016年01月13日
株式会社メディカロイドの現地法人が米国シリコンバレーで営業開始
2015年12月21日
低NOx水素専焼ガスタービンの燃焼技術を開発
2015年11月30日
英国ヘリオット・ワット大学と自律型無人潜水機用制御システムの共同開発に着手
2015年06月15日
エアバス社「A330neo」用エンジン「Trent 7000」の開発・生産に参画
2015年05月26日
低NOx水素混焼ガスタービンの実証運転を開始
2015年05月25日
青森県青森市八甲田北西地域における地熱資源開発調査事業に係る調査坑井(こうせい)掘削の開始について
2015年05月20日
世界初、舶用ディーゼル主機関に搭載される複合低環境負荷システム「K-ECOS」が完成
2015年05月14日
世界初、水エマルジョン燃料を用いた長期実船試験を完了
2015年04月02日
医療用ロボット本格開発に着手
2014年12月22日
エアバス社「A320neo」に搭載される民間航空エンジン「PW1100G-JM」の型式承認を取得
2014年11月19日
産業用では初となる純国産独自技術の水素液化システムを開発 水素液化試験を開始
2014年11月12日
富士石油向けに新開発のU-KACCボイラを採用したボイラ・タービン発電設備を受注
2014年10月14日
プラット・アンド・ホイットニー社の次期リージョナルジェット機用エンジン「PW1500G」および「PW1900G」の開発・生産に参画
2014年10月03日
水素プロジェクト特設ページを掲載
2014年10月01日
非常用兼用型低NOx・高効率コージェネレーションシステムを新発売
2014年06月12日
次世代大型旅客機「777X」の開発・量産参画へ覚書 日本航空機開発協会と日本5社がボーイング社と調印
2014年04月21日
フリーゲージトレイン新試験車両を納入
2014年03月14日
世界初となるCFRPバネ採用の鉄道車両用台車「efWING®」を初納入
2014年02月20日
低NOx水素ガス燃焼技術を開発 30MW級高効率ガスタービン「L30A」に適用・営業活動開始
2014年02月12日
舶用ディーゼル主機の複合低環境負荷システムを開発 大型自動車運搬船での実船試験の実施が決定
2014年02月06日
液化水素運搬船用貨物格納設備の基本承認を日本海事協会より取得
2014年01月20日
インドネシアで太陽熱利用空調システムの実証試験を開始(川重冷熱工業)
2013年12月16日
ME-GIエンジン主機推進プラントの実証試験開始
2013年11月12日
東京大学生産技術研究所、ボーイング、三菱重工、川崎重工、富士重工 ~共同研究開発プロジェクトに5社が新規加入~
2013年10月24日
次世代中小型民間航空機用発電システムの国際共同開発事業に参画
2013年09月30日
タイで再生・細胞医療の実証試験が本格始動 -再生・細胞医療で世界初の薬事承認を目指す国際実証プロジェクト-
2013年07月18日
舶用ディーゼル主機用の廃熱回収システム「K-GET」を開発
2013年06月24日
世界初、サスペンション機能を持つCFRPフレームを採用した次世代の鉄道車両台車「efWING」を開発
2013年05月30日
非食用バイオマスの稲わらから低コストなバイオエタノール製造技術を確立
2013年05月29日
オフショア船や特殊船等の推進システムに用いる3メガワット超電導モータを開発 -世界最高性能を達成-
2013年02月28日
小規模地熱バイナリー発電設備実証試験の開始について(PDF:229.8KB) 
2012年07月02日
JR東日本と鉄道システム用地上蓄電設備の実証試験を開始
2012年06月28日
ボーイング、三菱重工、川崎重工、富士重工 ~東京大学生産技術研究所と製造技術に関わる共同研究を開始~(PDF:97.6KB) 
2012年05月28日
環境規制対応の舶用ガスエンジンの開発に着手
2012年05月17日
舶用ディーゼル主機における排気再循環システムを開発 ― NOx3次規制をクリア ―
2012年04月24日
大型ニッケル水素電池「ギガセル」を用いたスマートグリッド実証試験を開始
2012年03月08日
石炭専用運搬船"CORONA QUEEN"において可変タービンノズル型過給機の長期実船運用試験を開始
2012年02月20日
30MW級の純国産高効率ガスタービン「L30A」の販売開始
2012年01月18日
大型LNG燃料コンテナ船を開発
2011年12月21日
世界初、「炭坑通気メタン(VAM)焚きガスタービン発電装置」を開発
2011年11月29日
薄膜太陽電池製造ライン向けレーザパターニング装置を開発
2011年10月31日
新開発の内航LNG運搬船「あけぼの丸」の引き渡し
2011年10月19日
潮流発電システムの開発に着手
2011年09月28日
エアバス社A320neo用エンジン「PW1100G-JM」の開発・生産に参画
2011年09月27日
世界最高の低NOx性能を持つガスタービン燃焼器を新開発
2011年09月26日
「ごみ焼却工場等の都市排熱高度活用プロジェクト」の経済産業省「平成23年度次世代エネルギー技術実証事業」への採択について(PDF:339.1KB) 
2011年08月30日
小規模地熱バイナリー発電設備実証試験の実施について(PDF:138.4KB) 
2011年07月28日
大型貫流ボイラー「Ifrit (イフリート)」 燃料消費量およびCO2排出量を最大22%削減可能にする世界初の油焚き燃焼ターンダウン5:1制御システムを新発売(川重冷熱工業)
2011年06月23日
ノンフロンの水冷媒ターボ冷凍機を開発
2011年05月17日
世界初の太陽光エネルギー船がさらに進化 ‐自動車運搬船「アウリガ・リーダー」にハイブリッド給電システム搭載‐(PDF:272.1KB) 
2011年01月18日
世界初、DC1500Vき電線に直結する鉄道システム用地上蓄電設備の実証試験に成功
2011年01月18日
世界初ハイブリッドロータリ除雪車「HTR145HV」を開発(日本除雪機製作所)
2010年11月01日
メガワット級超電導モータで国内最高出力達成 -高効率の電気推進船の実現に向けて-
2010年10月26日
ニッケル水素電池を用いた多機能電力貯蔵装置の開発について
2010年10月06日
稲わらから「熱水式バイオエタノール製造技術」により バイオエタノールの製造に成功
2010年09月21日
世界初、長期水エマルジョン燃料実船試験実施
2010年09月14日
発電機一体型の小水力発電システム「リング水車」を初受注(カワサキプラントシステムズ)
2010年09月02日
燃料消費量・CO2排出量 最大35%削減 リプレースに最適な吸収冷温水機 シグマエース1.2Rシリーズを新発売(川重冷熱工業)
2010年08月31日
大型貫流ボイラで初めてVOC(揮発性有機化合物)の完全燃焼処理に成功(川重冷熱工業)
2010年07月27日
海外で初めて鉄道システム用地上蓄電設備の実証試験に成功
2010年07月13日
高知県仁淀川町が取り組むバイオマス実験事業において 自社開発の木質バイオマスガス化発電システム等を使った実証試験を完了(カワサキプラントシステムズ)
2010年06月28日
世界で初めてヒトiPS細胞の自動培養に成功
2010年06月09日
小型バイナリー発電設備の製造・販売を開始
2010年05月25日
日中共同開発のごみ処理システムが国連機関のブルースカイ賞にノミネート
2010年05月24日
30MW級の発電用新型ガスタービンを開発 ダイセル化学工業株式会社と2012年度からの実証運転について基本合意
2010年03月30日
次期輸送機(XC-2)試作1号機の納入について
2010年03月29日
大型貫流ボイラ「Ifrit Beat(イフリートビート)」世界初の燃焼ターンダウン10:1制御システムを新発売(川重冷熱工業)
2010年03月15日
再生医療向けに高品質・高効率な細胞自動培養ロボットシステムを開発
2010年03月10日
高効率・低エミッションの1,700kW級ガスタービンM1A-17を開発
2010年02月01日
カワサキグリーンガスエンジンを用いた自家発電設備の運転を開始
2010年01月26日
防衛省向け次期輸送機(XC-2)の試作1号機が初飛行に成功
2010年01月13日
大型汎用ロボット「MX700N」を新発売
2009年12月16日
世界最高レベルの低NOx排出値を達成するガスタービン燃焼技術を新開発
2009年11月26日
大型ニッケル水素電池「ギガセル」が地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞
2009年11月10日
新開発の大型ばら積運搬船「CAPE CANARY」の引き渡し(川崎造船)
2009年10月13日
中型の汎用ロボット「RS50N」と「RS80N」を新発売
2009年09月03日
新開発の「M7A-03D」ガスタービン搭載発電設備を初納入
2009年08月04日
ボイラによる未利用副生水素の有効利用システムを新開発(川重冷熱工業)
2009年04月21日
世界初、舶用電子制御ディーゼル機関での過給機カット運転を実用化
2009年02月26日
新型ホイールローダ「AUTHENT 135ZV-2」を新発売
2009年02月12日
大型貫流ボイラ「Ifrit(イフリート)」業界トップのボイラ効率98%シリーズを新発売(川重冷熱工業)
2009年01月29日
『カワサキグリーンガスエンジン発電設備』の実証運転を完了
世界最高の発電効率で安定運転を達成
2009年01月27日
日本で初めて大容量ニッケル水素電池による定電圧フロート充電に成功
2009年01月20日
小水力発電システムの製造・販売事業開始(カワサキプラントシステムズ)
2009年01月07日
ロールス・ロイス社の最新鋭旅客機用エンジン「TRENT XWB」の開発・生産に参画
2009年01月05日
LNG運搬船「LNG BARKA」の引き渡し(川崎造船)
2008年11月18日
農水省よりバイオエタノール製造実証事業の事業主体として採択
2008年09月29日
中・小型ロボット「Rシリーズ」を新発売
2008年09月29日
ロボットコントローラ「Eシリーズ」を新発売
2008年09月11日
世界市場向け350km/h新型高速鉄道車両「efSET」の自社開発について
2008年09月04日
世界初の竹を燃料とする農業用バイオマスガス化発電・熱供給設備を受注
2008年09月02日
国内初のムービングベルト付き実車風洞を富士重工業株式会社に納入
2008年08月29日
次期固定翼哨戒機(XP-1)試作1号機の納入について
2008年08月21日
多様断面に適合可能な掘削機構を持つ硬質地盤・非円形対応シールド掘進機が完成(PDFファイル、858KB)(PDF:857.6KB) 
2008年07月16日
ロールス・ロイス社の最新鋭旅客機用エンジン「TRENT1000」日本初の運転試験を開始
2008年07月14日
新型ロードホールダンプ「MX80」を新発売
2008年07月09日
国内初の下水汚泥活性炭化設備を納入(カワサキプラントシステムズ)
2008年06月12日
細胞自動培養装置の事業開始-創薬研究用途向け自動培養装置を発売-
2008年04月22日
『カワサキグリーンガスエンジン発電設備』実証プラント系統連係運転で世界最高発電効率48.5%、累計運転時間1,300時間超を達成
2008年03月18日
大型貫流ボイラ「イフリート」低NOxシリーズを新発売(川重冷熱工業)
2008年02月27日
ガス3社グリーン機種選定の高期間効率機シグマエース1.43シリーズを新発売(川重冷熱工業)
2007年12月17日
鉄道システム用地上蓄電設備による回生電力の再利用実証試験に成功
2007年12月03日
自社開発の高効率「グリーンガスエンジン」を用いた発電設備の運転を開始
2007年11月26日
国内最大級の大型LNGタンクトレーラを初納入
2007年11月19日
低床電池駆動路面電車「SWIMO」が完成
2007年10月01日
二次電池(鉛蓄電池・ニッケル水素電池)と電気二重層キャパシタ併用運転による風力発電における電力安定化装置の実証試験開始について
2007年09月28日
「Ninja 250R」など参考出品モデル13台を「東京モーターショー」に出展
2007年09月28日
防衛省向け次期固定翼哨戒機(XP-1)の試作1号機が初飛行に成功
2007年08月02日
オフロード法排出ガス基準値対応の新型ホイールローダ2機種を新発売
2007年07月25日
石川県の珠洲市浄化センター向けに5種類のバイオマスを混合処理する複合メタン発酵処理施設を納入(カワサキプラントシステムズ)
2007年07月19日
「カワサキグリーンガスエンジン」世界最高の発電効率48.5%を達成
2007年07月04日
防衛省向け次期固定翼哨戒機(P-X)および次期輸送機(C-X)の試作1号機のロールアウトについて
2007年06月28日
安全で高効率な対人地雷除去車「MINEBULL」をアフガニスタンへ初出荷
2007年06月21日
実環境で働く人間型ロボット:HRP-3 Proment MK-IIIを開発(PDF:936.2KB) 
2007年06月20日
大型ニッケル水素蓄電池「ギガセル」による風力発電出力の平滑化実証に成功
2007年05月18日
高知県仁淀川町が取り組むバイオマス実験事業において、自社開発の木質バイオマスガス化発電システム等を使った実証試験を開始(カワサキプラントシステムズ)
2007年04月25日
独自開発のガス化技術による木質バイオマスのガス化設備を納入
2007年04月05日
オフロード法排出ガス基準値対応の新型ホイールローダ4機種を新発売
2007年01月11日
「787ドリームライナー」前部胴体を初出荷
2006年12月04日
世界初 多人数の細胞を同時に完全自動培養する細胞自動培養ロボットシステム-実用化に向け試作機の評価を開始-
2006年11月09日
カワサキ初のスーパーチャージャー搭載の最上級機種「ジェットスキー ULTRA 250X」を新発売
2006年10月23日
社会貢献への共通理念に基づく戦略的産学連携―神戸大学と川崎重工の新しい試み―
2006年10月16日
次期固定翼哨戒機(P-X)の静強度試験機を納入
2006年09月06日
アスベスト溶融無害化処理システムの販売事業開始(カワサキプラントシステムズ)
2006年08月31日
「ギガセル」によるピークカット機能を備えた太陽光発電システムを納入(カワサキプラントシステムズ)
2006年08月30日
低床電池駆動路面電車(LRV)「SWIMO」の開発に向けた電池駆動路面電車走行試験に成功
2006年08月28日
ロールス・ロイス社の最新鋭旅客機用エンジン「TRENT1000」中圧圧縮機モジュールを初出荷
2006年08月22日
独自開発のガス化技術による木質バイオマスのガス化発電・熱供給システムを初納入
2006年08月21日
世界最大級のフェロニッケル精錬プラントを受注(カワサキプラントシステムズ)
2006年08月09日
世界最高性能の8MW級ガスエンジンを開発
2006年07月13日
自社開発の木質バイオマスガス化発電システムによる高知県仁淀川町のバイオマスエネルギー実験事業に参画(カワサキプラントシステムズ)
2006年06月21日
安全で高効率な地雷探知・除去を実現する「BULLDOGシステム」カンボジアで実証試験へ
2006年06月14日
超低床電池駆動路面電車(LRV)「SWIMO」の開発について搭載用電池の実用化に目処、走行試験へ
2006年04月26日
世界最大級の舶用電子制御ディーゼル機関を完成
2006年04月05日
自社開発の高効率内部循環流動床炉を採用したバイオマス発電設備を納入(カワサキプラントシステムズ)
2006年03月16日
次期輸送機(C-X)の静強度試験機を納入
2006年03月15日
石川県珠洲市向けバイオマスメタン発酵処理施設を受注
2006年02月14日
新設計の空冷並列2気筒エンジンを搭載したスポーツモデル「W400」を新発売
2005年11月09日
「ギガセル」によるピークカット機能を備えた太陽光発電システムを初受注(カワサキプラントシステムズ)
2005年10月31日
ロールス・ロイス社の最新鋭旅客機用エンジン「TRENT1000」の主要部品を初出荷
2005年10月05日
世界最高の省エネルギーを達成した三重効用ガス吸収冷温水機を世界に先駆けて新発売(川重冷熱工業)
2005年09月08日
実環境で働く人間型ロボット試作機HRP-3Pの発表
2005年03月10日
安全で高効率な地雷探知/除去作業を実現する人道的地雷除去システム「BULLDOGシステム」のアフガニスタンでの現地実証試験を完了
2005年02月21日
省エネ・高機能・高品質な中型吸収冷温水機「SIGMA MIDYシリーズ」を新発売(川重冷熱工業)
2005年02月08日
新開発の舶用電子制御ディーゼル機関の初号機を完成
2005年01月26日
高性能液体水素コンテナを開発し、日本で初めて水素ステーションへの輸送供給に成功
2004年12月01日
小規模では世界初となる木質バイオマスのガス化・ガスタービン発電に成功
2004年11月01日
優れた粒度分布を実現する高効率粉砕機「ヴェンティ」を新開発(アーステクニカ)
2004年10月19日
次世代航空機7E7ドリームライナーの主要契約条件に関する覚書に調印
2004年10月13日
ロールス・ロイス社の最新鋭旅客機用エンジン「TRENT1000」の開発・生産に参画
2004年08月26日
直線翼垂直軸風力発電装置の運用試験開始(日本飛行機)
2004年07月26日
「疲労センサ」による溶接構造物の余寿命診断ソリューション事業を開始(川重テクノサービス)
2004年07月20日
安全で高効率な地雷探知作業を実現する地雷探知車「MINE DOG」をアフガニスタンに出荷
2004年05月06日
世界最大級の舶用電子制御ディーゼル機関を受注
2004年04月28日
安全で高効率な作業を実現する人道的地雷除去システム(BULLDOGシステム)を開発し、対人地雷除去車(MINE BULL)をアフガニスタンに出荷
2004年04月26日
「排出ガス第2次基準値」対応のHST駆動式タイヤローラ「AUTHENT K20WHB」を新発売
2004年04月22日
乾式製砂システム「ハイブリッドサンドシステム」を開発-天然砂に匹敵する砕砂を安価・コンパクトに製造-(アーステクニカ)
2004年04月21日
木質バイオマスの小規模分散型熱電併給システムを事業化
2004年01月07日
「排出ガス第2次基準値」対応のトンネル工事用ホイールローダ「AUTHENT Vシリーズ」を新発売
2003年11月18日
生産現場の自動化に貢献する産業用ロボットのオフライン教示支援ソフトウェア「KCONG」の販売を開始
2003年10月02日
新開発の舶用電子制御ディーゼル機関の採用が決定
2003年08月25日
排出ガス第2次基準値対応の新型ホイールローダ「AUTHENT 90ZV」を新発売
2003年07月30日
国内初の蓄圧型低温タンク方式を採用した2,500m3型LNG運搬船「第一新珠丸」の引渡し(川崎造船)
2003年07月28日
フルオートエアコンを標準装備 排出ガス第2次基準値対応の新型ホイールローダ「AUTHENT 80ZV」を新発売
2003年07月16日
共鳴構造と吸音構造を一体化した遮音壁用ハイブリッド型防音装置を開発
2003年06月30日
新船首形状"SEA-ARROW"を採用したLPG運搬船「CRYSTAL MARINE」の引き渡し(川崎造船)
2003年06月25日
宇宙機の大気圏再突入時の熱防御技術実証に成功
2003年06月16日
産総研とバイオ・IT融合による多元タンパク質解析装置の開発を開始
2003年06月11日
佐賀県シンクロトロン光応用研究施設向け電磁石を受注
2003年06月05日
排出ガス第2次基準値対応の新型ホイールローダ「AUTHENT 70ZV」を新発売
2003年05月07日
排出ガス第2次基準値対応の新型ホイールローダ「AUTHENT 65ZV」を新発売
2003年03月25日
国内初の次世代型舶用推進機「ポッドペラ」を新開発
2003年02月26日
人間型ロボットによる「産業車両代行運転」を実現
2003年02月13日
国内初の鉄道トンネル工事向け全断面トンネル掘削用TBMが完成
2003年01月17日
発電効率30%を達成する国内最大のRDF発電プラントを納入
2002年12月19日
働く人間型ロボットが「屋外での産業車両代行運転」に成功
2002年11月25日
世界最高の燃料消費量削減率を達成した排熱投入型吸収冷温水機「シグマエースジェネリンク1.4シリーズ」を新発売(川重冷熱工業)
2002年11月07日
高機能の光触媒コーティング材「Folium」を室蘭工大・総合研究棟に塗布
2002年10月22日
欧州合同原子核研究機構(CERN)よりATLAS Award 2002を受賞
2002年09月11日
大容量新型蓄電池を開発-世界で初めての粒子活物質型-
2002年08月28日
アルミ合金厚板の摩擦攪拌接合(FSW)技術を日本で初めて確立
2002年05月09日
世界で初めて波長域を遠赤外領域まで広げた遠赤外自由電子レーザー装置を納入
2002年04月25日
成層圏プラットフォーム飛行船システム25m無人飛行制御試験機完成
2002年04月25日
米国機械学会より、鉄道車両技術論文で日本企業初の最優秀論文賞を受賞
2002年03月27日
世界最高の23kWレーザーで、ステンレス鋼(30mm厚)を毎分1m以上の高速で溶接に成功
2002年03月25日
航空宇宙分野のバーチャル・リアリティ技術を応用した運転行動測定装置(研究用ドライビングシミュレータ)を納入
2002年03月19日
世界初の再生サイクル式ガスタービンコージェネレーション設備をサッポロビールより受注
2002年03月18日
人間型ロボットで産業車両の運転ができる可搬型遠隔操作システムを開発
2002年02月26日
国内初のジメチルエーテル(DME)の液相燃焼に成功
2002年02月07日
ボーイング737型機用の革新的な複合材製主翼翼端部(ブレンディッドウイングレット)の設計・開発・製造に参画
2002年02月06日
米国機械学会より、鉄道車両技術論文で日本企業初の最優秀論文賞に内定
2001年11月05日
欧州合同原子核研究機構向けエンドキャップヨークを納入
2001年10月31日
高強度の航空機用炭素繊維強化複合材料を新開発
2001年07月02日
成層圏プラットフォーム飛行船システムマルチセル方式供試体の浮力制御試験を完了
2001年06月28日
人間協調・共存型ロボットによるフォークリフトの代行運転に成功
2001年06月06日
掘進機を再利用する低価格シールド工法を開発、実用化
2001年05月29日
札幌ドームに世界初、空気圧浮上による可動式天然芝サッカーフィールド「ホヴァリングステージ」と「開閉式可動席」を納入
2001年05月14日
次世代飛行制御システムを実証した川崎BK117ヘリコプターを「かかみがはら航空宇宙博物館」に寄贈
2001年03月07日
欧州合同原子核研究機構(CERN)よりCMS Crystal Award 2001を受賞
2001年02月13日
20MW級純国産高効率ガスタービン「L20A」の開発に成功

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら 


ページの終わりですページの先頭へ戻る