次世代育成

川崎重工グループは、未来のテクノロジーを担う次世代の育成を支援します。

実験工作教室

自主プログラムの実施

高度な技術力を用いてものづくりを行っている当社グループにとって、将来の技術基盤を支える技術者の育成およびものづくり力の伝承は、重要な社会課題の一つであると考えています。しかし、日本では子どもの理科離れが進んでいると言われ、ものづくりの将来が憂慮される状況にあります。
そこで、当社グループは子どもたちに科学やものづくりへの関心を高めてもらい次世代の技術振興に寄与すべく、当社グループの製品を基にした自主プログラムによる実験工作教室を各地で実施しています。


<自主プログラムの紹介>
当社グループは株式会社リバネスと協働して、次世代育成を支援する自主プログラムの開発を行っています。

「マイヘリコプターをつくろう!」 「マイクレーンをつくろう!」 「マイ発電所をつくろう!」 「マイオートバイをつくろう!」
科学のキーワード
  • 揚力
  • 翼型
  • テールローター
科学のキーワード
  • パスカルの定理(大きなモノを動かす小さなチカラ)
科学のキーワード
  • 身の回りにある“ちから”を電気に変えてみよう!
科学のキーワード
  • ものの重さ
  • 重心・バランス
「マイトレインをつくろう!」 「マイシップをつくろう!」 「マイジェットエンジンをつくろう!」
科学のキーワード
  • 摩擦力
  • 円周、車輪の傾き
科学のキーワード
  • 浮力
  • ものの重さ、体積等
科学のキーワード
  • 推進力(空気を操ることでチカラをうみだす!)


自主プログラムの開発には各カンパニーの若手従業員も参加し、製品に関連する理科の知識を楽しみながら学べるよう工夫を凝らしています。

油圧の仕組みを学びました
コーチと一緒に実験しました

教育支援活動

「トビタテ!留学JAPAN」への寄付

当社グループは、文部科学省が主催する官民共同事業「トビタテ!留学JAPAN」へ寄付を行って います。本事業は日本の若者の海外留学を支援しようとする試みであり、グローバル人財の育成促進が期待されています。

中国での人財育成奨学金

エネルギー・環境プラントカンパニーは、中国安徽省蕪湖市において、安徽海羅川崎工程有限公司(ACK)と安徽海羅川崎節能設備製造有限公司(CKM)の両合弁事業の運営を行っております。合弁のパートナーである「中国安徽海螺創業投資有限公司」との合意により、2008年度以降、合弁企業を通じ毎年100万人民元を奨学金として蕪湖市に寄付しています。蕪湖市では、優秀な学生の奨学のためにこれを用い、同市の一層の人財育成の促進を図っています。


カワサキワールド

「技術の素晴らしさ」、「ものづくりの大切さ」を一人でも多くの方に体感していただくため、そして地域の皆様とのコミュニケーションを深めるために、2006年、兵庫県神戸市に本施設を設立しました。
カワサキワールドでは当社グループが歩んできた120年以上の歴史に加え、最先端の技術で社会の発展に 貢献してきた陸・海・空にわたる代表的な製品を紹介しています。


詳細については以下のバナーをご覧ください。

Topics
「おうち時間シリーズ」 Kawasakiの世界を知ろう!


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご自宅で過ごす時間が増えるなか、ご自宅で出来るKawasaki製品のぬり絵(PDF版)をご用意しました。
下記URLより印刷いただき、お子様・ご家族いっしょにぬり絵でおうち時間をお楽しみください。


ダウンロード先 (カワサキワールドサイト内)
https://www.khi.co.jp/kawasakiworld/coloring/

  • PDF版はA4サイズのぬり絵となりますが、小さいお子様には必要に応じてA3サイズに拡大してご使用下さい。

【サンプル】

第1弾「海・空編」
第1弾「陸編」

Kawasaki Robostage

当社が持つロボット分野の最先端の技術とノウハウを見て触れて体験していただくため、2016年に東京・お台場にオープンしたロボットのショールームです。
「人とロボットの共存・協調の実現」をコンセプトとした、新製品のロボットをいち早く見ることの出来る空間です。


詳細については以下のバナーをご覧ください。

Topics
小学生にロボットの世界を紹介しました

当社とカワサキロボットサービスは、社会貢献活動の一環として朝日学生新聞社が主催する小学生向けのオンラインイベント「朝小スプリングミーティング2021」に参加しました。
本イベントでは「ロボットのある世界を見てみよう!」をテーマに、600名を超える子どもたちに産業用から人との協働まで、様々な場面で活躍するロボットを紹介しました。


お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。