地域社会

川崎重工グループは、企業市民として地域社会と良好な関係を構築し、その存続・発展に寄与します。

地域の発展に向けた取り組み

「チーム美らサンゴ」への参加(沖縄支社)

2015年度より、沖縄県恩納村でサンゴ苗の植え付けを通じてサンゴ礁の再生を目指す「チーム美らサンゴ」の活動に、多くの当社グループ従業員がボランティアとして参加しています。
なお、「チーム美らサンゴ」の活動は、2015年12月、環境省が主催する「第3回 Good Life Award」の最優秀賞を受賞しています。

植え付けに参加した皆さん
植え付けに参加した皆さん
ダイビングで植え付け作業に挑戦!
ダイビングで植え付け作業に挑戦!
「第3回 Good Life Award」の最優秀賞を受賞しました
「第3回 Good Life Award」の最優秀賞を受賞しました

ヴィッセル神戸、INAC神戸レオネッサの応援

川崎重工は、J1サッカーリーグ「ヴィッセル神戸」を1995年のチーム発足時より公式スポンサーとして、また、なでしこリーグ1部女子サッカークラブ「INAC神戸レオネッサ」を2019年よりウェアスポンサーとして応援しています。
両クラブが推進しているアカデミーやサッカースクールを通じた青少年の健全な育成、競技の普及促進など、スポーツを通じた社会貢献、地域貢献に寄与していきます。

©ヴィッセル神戸

米国での社会貢献基金の運営(Kawasaki Good Times Foundation)

当社グループは1993年、米国に社会貢献基金である「Kawasaki Good Times Foundation」を設置しました。この基金は当社の米国現地法人であるKawasaki Heavy Industries (U.S.A), Inc.が管理・ 運営し、メトロポリタン美術館などの芸術・文化施設や各種慈善事業、ならびに教育・医療・科学の振興活動や被災地支援活動などに寄付を行っています。


米国での奨学金制度の設立

Kawasaki Motors Manufacturing Corp., U.S.A.(KMM)は地元の優秀な学生の大学進学を支援するため、ノースウエスト・ミズーリ州立大学と協力をしています。2016年には「Kawasaki Powering Dreams Scholarship」を設立し、学費のうち年間1万ドルを上限に支援しています。
また、2018年にはノースウエスト・ミズーリ州立大学に通うKMM社員の家族をさらに支援するため、Kawasaki Kids プログラムが設立されました。「Powering Your Potential Scholarship」と名付けられた本プログラムは、年間10~15名の学生に奨学金を授与しています。


地域社会交流会 (明石工場)

明石工場では、2011年度より近隣自治会の小中学生とその保護者を工場にお招きする「地域社会交流会」を毎年行っており、現在では100名以上が参加する人気のイベントとなっています。
地域社会交流会では川崎重工の紹介や明石工場で製作している製品の説明、工場内の見学に加え、社員食堂でのランチ体験などを通じ、当社グループへの理解と親しみを深めていただくことを目指しています。

明石工場ビデオ放映
昼食
  

自治体との協力

当社グループは、事業所が立地する自治体と災害時における協定を締結しています。当社グループの事業所や製品の提供を通じて、地域社会の一員としての社会的責任を果たしていきます。


自治体と締結した主要な協定

事業所名 締結先 締結年 協定等名称 内容
岐阜工場 岐阜県 1987年 災害航空応援協力協定書 岐阜県内で大規模災害が発生した場合、当社の保有するヘリコプターを用い人および物の緊急輸送に協力
2003年 大規模災害発生時における岐阜県・川崎重工業応援協力協定 岐阜県内で大規模災害が発生した場合、他都道府県からの緊急航空隊航空機の駐機場所や燃料給油施設を提供
岐阜県
各務原市
1997年 大規模災害発生時における物資搬送拠点の設置に関する覚書 各務原市内で大規模災害が発生した場合、岐阜工場の一部を無償で提供し、各務原市の物資搬送拠点として活用
明石工場 兵庫県
明石市
2013年 明石川崎ヘリポート使用に関する協定 高度医療を必要とする傷病者の搬送や、地震など大規模災害の発生に伴う緊急物資搬送の際に、明石工場のヘリポートを無償で提供
津波一時避難地としての利用に関する協定 明石市内に大規模な津波により災害が発生、または発生する恐れがある場合、敷地の一部を一時避難所として地域住民の方へ開放

お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。