ページ内移動用のメニューです。


新ステンレス混流ラインの完成と生産開始

1999年01月01日

平成11年(1999年)、兵庫工場に新しい生産ライン「新ステンレス混流ライン」が完成し、稼働を始めた。
この生産ラインはステンレス製の通勤電車、地下鉄電車などの車両を生産する一貫生産ラインで、 メインラインは長さ約310m、14ステージでサブラインとともに構成されている。
この新しい生産ラインは、可能な限り無駄を排除して、人・物・設備を合理的に活用するKPS(Kawasaki Production System)の 生産方式を導入している。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る