輸送用機器

航空宇宙

知識集約型産業として位置づけられる航空機分野では、日本を代表する機体メーカーとして、またエンジンメーカーとして、幅広い事業を展開しています。
宇宙機器分野でもH-IIA、H-IIBロケット用フェアリングなど、多くの実績を有しています。

鉄道車両

川崎重工が鉄道車両製造に着手したのは1906年。以来、国産化第1号蒸気機関車や日本初のアルミ車両をはじめ、鉄道の歴史に残る数々の名車両を製造し、わが国トップメーカーの座を不動のものにしています。

船舶海洋

川崎重工は豊富な経験と最新技術を組み合わせることにより、安全で効率的な海上輸送を実現しています。
これからも船舶の建造や舶用機器の製造を通じて、世界中に資源や物資を供給する重要なライフラインを支えていきます。