ページ内移動用のメニューです。


ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車の初編成納入

2014年01月23日

C3140123-1.jpg 

 

川崎重工は、当社の米国現地法人Kawasaki Rail Car,INC.(KRC:ニューヨーク州ヨンカース市)を通じて、ニューヨーク市交通局(NYCT※1: New York City Transit)向け新型地下鉄電車(R188)の初編成を含むベース契約車両を納入しました。

今回納入した地下鉄電車は、2010年5月に受注した新車23両ならびに既存車(R142A)改造10両を含むベース契約の3編成(11両/編成)です。なお、当社はベース契約に引き続き、2011年12月に、オプション契約の新車103両ならびに既存車改造370両を受注しており、2015年度末にかけて順次納入していきます。

R188地下鉄電車は、当社が2001年から2005年にかけて納入したR142A地下鉄電車(納入総数600両)をベースに、地下鉄運行システムのさらなる運転効率・信頼性・安全性向上を図るため、CBTC(Communication Based Train Control※2)方式の列車制御システムを採用した車両です。
新車は構体製作をリンカーン工場(米国ネブラスカ州)、機器取付けと最終組立、試験をヨンカース工場(米国ニューヨーク州)で行います。また、既存のR142A車両のCBTC方式への改造はすべてヨンカース工場で行います。

当社は、NYCT向けでは1982年にR62地下鉄電車325両を受注して以来、累計2,000両以上の納入実績を持ち、米国最大の鉄道事業者であるNYCT保有の地下鉄車両では当社がトップシェアを占めています。

米国では、オバマ大統領のもと景気対策の一環として交通インフラを含む社会資本への投資が積極的に検討されており、北東回廊の都市交通やアムトラックをはじめとする都市間交通の既存車両置き換えや輸送力増強のためのプロジェクトが実施されることが予想されています。

今後とも当社は、高い技術力と信頼性をもとに、環境負荷の少ない交通手段である鉄道車両を国内外に提供していきます。

 

□ R188地下鉄電車の概要

 
(1)分類
地下鉄電車(11両1編成で運行)
 
(2)寸法
15.6m(長さ)×3.1m(幅)×2.5m(高さ)
 
(3)車体素材
ステンレス鋼

 

※1   NYCTは、ニューヨーク州交通局(MTA: Metropolitan Transportation Authority)傘下の鉄道会社。MTAの傘下には、NYCTのほか、ロングアイランド鉄道、メトロノース鉄道等がある。
※2   従来の列車制御システムは、走行レールに信号電流を流して列車に制御情報(主に最高速度など)を送り、この情報を車両で受信して列車の制御(特に速度制御)を行っている。一方で、CBTC方式による列車制御システムは、制御情報を無線で列車に送り、この情報を車両で受信して速度を制御するシステムである。
     

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る