ページ内移動用のメニューです。


シンガポール向け地下鉄電車を納入

1989年01月01日

シンガポール地下鉄電車は、激しい国際間競争の結果 、当社を幹事会社とする日本連合が1984年に、398両の大量受注に成功した。
アルミ合金製の車体は無塗装で、ガラスビーズ仕上げとし、側面の上部が内側に傾き、腰部を絞った安定感のある外観である。 また、現地の厳しい気象条件を模擬する車両環境試験装置が当工場で完成したので、この電車もここでテストを行った。 平成元年(1989年)までに当社製造分128両(キャッシュワゴン2両含む)を含め、全両数を納入した。

   
  シンガポール地下鉄電車の納入 平成元年(1989年)  

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る