遠隔監視・支援システム(KEEPER)

ごみ処理施設では、安定したごみ処理・電力供給などのために高度な運転技術が要求される一方、高齢化・人口減少などで運転員が減少しています。
また、近年はDBO案件の増加により、建設のみならず運転とメンテナンスを長期包括契約するケースが増えてきました。
そこで当社では、神戸工場内にサポートセンターを設け、各施設の中央制御室と通信を行い運転状況を逐一把握できるシステムを構築しました。
本システムは2019年9月現在、9プラントに導入されております。

  1. ※ DBO(Design Build Operate):
    公共が資金調達を負担し、施設の設計(Design)・建設(Build)、運営(Operate)を民間に委託する方式

お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。