活性炭吸着塔

上部から投入された活性炭は、下部へ移動するに従ってダイオキシン類の吸着率を高め、充填層下部で最大の吸着率となって系外に排出されます。活性炭の移動は充填層下部に設置したロールフィーダを回転させ、活性炭を間欠定量的に抜き出すことによって行ないます。

移動層式装置の原理

閉じる