運航支援システム

川崎重工は一般貨物船向け最適航路の情報提供を行う船舶総合情報サービスやLNG運搬船向けにガス燃費解析が可能な運航管理支援システムを提供して来ました。
それらが有する個々の機能向上かつシステム統合を図り、新たにクラウドサーバーの利用や機械学習機能を追加し、また、業界初となるLNG運搬船向けLNG貨物の管理最適化機能を新開発する等常に進化を求めています。


船舶運航管理支援システム SOPass

SOPassの名称はShip Operation and Performance analysis support systemに由来します。
SOPassは従来から当社が販売している一般貨物船向け最適航路の情報提供を行う船舶総合情報サービス「K-IMS(=Kawasaki-Integrated Maritime Solutions)」や、LNG運搬船向けにガス燃費解析が可能な運航管理支援システム「LNGC-NEO(=LNG Carrier satellite NEtwork Observation)」および「LNGC-ISS(=LNG Carrier Integrated Solution Support)」が有する個々の機能向上かつシステム統合を図り、新たにクラウドサーバーの利用や機械学習機能を追加しました。また、業界初となるLNG運搬船向けLNG貨物の管理最適化機能を新開発しました。
その特長としては以下を挙げることができます。
①クラウドサーバーに蓄積した航海時の燃料消費量や気象情報、船体の状態などの各種データを分析、学習することで、様々な種類の船舶に対して、安全かつ最少燃料消費量となる運航が可能な航路を提案するとともに、燃費や船速、メンテナンス管理などに関する将来予測の自動レポーティングも可能で、運航コストの低減や安全性の向上を実現します。
②LNG搬船に特化した業界初の機能として、輸送中に自然蒸発する天然ガス(ボイルオフガス)を管理し、燃料消費量が最少となる航路や最適なヒール量*5での運航を提案することが可能です。
③ユーザーの使い方に合わせたシステム機能の構築が可能です。
④公的な第三者機関である一般財団法人 日本海事協会の100%子会社である株式会社シップデータセンターと協力し、プライベートクラウドサーバーを起ち上げることで、情報漏洩やコンピューターウィルスによる被害への対策等、強固な守秘・情報管理体制による情報漏洩防止対策を施しています。
⑤新造船のみならず、既存船舶への対応も可能であり、汎用性に優れています。