ページ内移動用のメニューです。


泥水式シールド

高比重、高粘性の泥水で切羽を加圧制御することによって、高水圧下でも切羽を安定させます。
当社が開発した周辺支持、中間支持型構造により、広い機内を実現し、小口径から14mを超える超大口径へと発展しています。

写真:Φ13.05m泥水式シールド

写真

拡大する

Φ8.99m泥水式シールド

拡大する

Φ7.8m泥水式シールド

拡大する

Φ6.63m泥水式シールド

拡大する

φ10.3m泥水式シールド

プロジェクト事例

東京湾アクアライン

日本最大のプロジェクト―――
当社最大の泥水式シールド機が成し遂げました。


国内では、20世紀最後の大プロジェクトと言われた
東京湾アクアライン(全長15.1km)が、1997年に開通しました。

この道路の川崎~海ほたる間9.6kmは、世界最大級の海底シールドトンネルであり、川崎重工の超大口径シールド(マシン外径14.14m、本体機長13.5m)3基が活躍しました。

超大口径、高水圧(5気圧)、長距離掘進に対応し、地中接合用設備や高精度のセグメント自動組立装置を搭載したシールドは、最先端技術とノウハウが結集されており、日本のシールド技術の集大成であるとの評価を得ました。

 

マシンタイプ
泥水式シールド×3基
 マシンサイズ

Φ14.14×13.5m 

 トンネル用途道路
 場     所東京湾(川崎‐木更津の西側)
 施     主東京湾横断道路株式会社
 施     工 前田建設工業・鉄建・フジタJV 西松建設・戸田建設・銭高組JV 鹿島・鴻池組・住友建設JV
 掘削延長 2,419m2,100m
1,800m
 掘削時期  1994年10月~1996年4月  1995年4月~1996年7月 1995年4月~1996年6月
工     区 中央トンネル木更津北(その1)中央トンネル川人北(その1)
川崎トンネル川人北(その1)

主な実績

納入年 プロジェクト 施主 施工マシン外径延長特徴
2002年 中央環状新宿線
SJ11(4)~SJ31工区
外回り)松見坂代々木シールド工事
日本
東京
首都高速道路公団 鹿島・熊谷・竹中土木
特定建設共同体
13.05m 2646m セイフティーゲート式リレービット交換装置を装備。エアーバブル式切羽水圧制御装置を装備。
2003年 東京都勝島ポンプ所
連絡管渠工事
日本
東京
東京都下水道局 鹿島・前田・安藤
特定建設共同企業体
8.99m 980m 埋設鉄パイプを切削
30mRの急曲進を施工
2004年 ソウル地下鉄9号線909工区 韓国 ソウル市 東亜建設 7.8m 3,616m 複合地盤(岩盤、風化岩、砂礫)の長距離を掘削
2005年 シンガポール地下鉄サークルライン
C854工区
シンガポール Land Transportation Authority 大成建設 6.63m 3,142m 岩盤掘削
2009年 東京都勝島ポンプ所
流入管渠工事
日本
東京
東京都下水道局 前田・鴻池・大日本
特定建設共同企業体
10.3m 980m セイフティーゲート式リレービット交換装置を装備。30mRの急曲進を施工。

お問い合わせ

こちらの製品に関するお問い合わせは川崎重工 プラント・環境カンパニーにご連絡ください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら 


ページの終わりですページの先頭へ戻る