ページ内移動用のメニューです。


沿革

車両カンパニーの歴史 社会一般 の出来事
1896年
(明治29年)

10月15日 株式会社 川崎造船所創立 顧問:川崎正蔵 社長:松方幸次郎

アテネで第1回オリンピック大会開催
1906年
(明治39年)

神戸市の東尻池村に運河分工場を開設(兵庫工場の前身)鉄道車両を製造開始

南満州鉄道株式会社設立
1907年
(明治40年)

11月 南海鉄道(現在の南海電鉄)向け木製電動客車3両完成初の電車製造

1911年
(明治44年)

3月 当社第1号蒸気機関車6704号を製造

アムンゼンが南極点に到着
1913年
(大正2年)

11月30日 兵庫分工場を兵庫工場に改称同年蒸気機関車4110形と9600形の量産開始

1918年
(大正7年)

兵庫工場内に自動車科と飛行機科を新設

米価暴落し全国で米騒動発生
1919年
(大正8年)

10月1日 兵庫工場でわが国初の8時間労働制実施

ベルサイユ講和条約調印
1924年
(大正13年)

蒸気機関車9912号が当社製造蒸気機関車の1,000両目となる

1925年
(大正14年)

11月 国内初の全鋼製600形電車を阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)に納入

普通選挙法公布
1928年
(昭和3年)

5月18日 兵庫工場を分離し、川崎車輌株式会社を設立 資本金1,200万円

1934年
(昭和9年)

パシナ形蒸気機関車979号が当社製造蒸気機関車の1,500両目となる

1936年
(昭和11年)

流線形モハ52形4両編成を鉄道省に納入

2.26事件発生
1937年
(昭和12年)

わが国初の3両編成流線形電気式ディーゼル動車キハ43000形を鉄道省に納入

日独伊防共協定調印
1943年
(昭和18年)
兵庫工場内の鋳鋼自給体制を強化 軍需品の生産も開始
1945年
(昭和20年)
爆撃の工場被災により終戦直前に生産停止状態 9月に製造再開 8月15日終戦
1946年
(昭和21年)

ジュラルミン合金製モハ63形・サハ78形電車6両を製造

第1次農地改革実施
1947年
(昭和22年)

天皇陛下ご視察

労働基準法公布
1949年
(昭和24年)

サハリン鉄道向けD51形蒸気機関車やタイ国鉄向け蒸気機関車・客車を製造

湯川秀樹、ノーベル物理学賞を受賞
1950年
(昭和25年)

80系湘南形電車10両編成を国鉄に納入

1954年
(昭和29年)

わが国最大のEH10形貨物用電気機関車と当社製造最後の蒸気機関車ZE形を製造

1957年
(昭和32年)

小田急電鉄(株)に3000形電車1編成8両を納入

ソ連人工衛星スプートニク1号打ち上げに成功
1958年
(昭和33年)

「ビジネス特急こだま」8両編成を国鉄に納入

1962年
(昭和37年)

わが国初の全アルミ合金製電車を山陽電気鉄道(株)に納入

国産旅客機YS-11が試験飛行に成功
1963年
(昭和38年)

小田急電鉄(株)に3100形電車を納入

ケネディ米大統領暗殺
1964年
(昭和39年)

0系新幹線電車を国鉄に納入

第18回オリンピック東京大会開催
1966年
(昭和41年)

オールアルミ通 勤電車301系を国鉄に納入

1969年
(昭和44年)

川崎重工業・川崎航空機工業・川崎車輌が合併、新たに川崎重工業株式会社として発足

米アポロ11号、人類初の月面着陸に成功
1970年
(昭和45年)

わが国初の案内軌条方式ゴムタイヤ地下鉄電車を札幌市交通局に納入

日本万国博覧会開幕
1972年
(昭和47年)
汽車製造を吸収合併 沖縄復帰、沖縄県発足
1980年
(昭和55年)

わが国初の新交通 システム・神戸ポートライナーを完成

わが国初の北米向けフィラデルフィア市路面電車を納入

1983年
(昭和58年)

ニューヨーク市地下鉄電車(R-62)325両を納入

1985年
(昭和60年)
ニューヨーク市に現地法人(現KRC)を設立 日航ジャンボ機が群馬県御巣鷹山に墜落
1986年
(昭和61年)
ニューヨーク市近郊にヨンカース工場を開設、操業開始 ソ連チェルノブイリ原子力発電所で爆発事故
1988年
(昭和63年)

中国鉄道部向け交流大型電気機関車を納入

1989年
(平成元年)

シンガポール向け地下鉄電車を納入

1990年
(平成2年)

東海道新幹線300系試作電車を東海旅客鉄道(株)に納入

1991年
(平成3年)

ボストン市2階建て通 勤用客車をマサチューセッツ港湾運輸公社に納入

ロンドン地下鉄用台車を納入
1992年
(平成4年)

DF200形電気式ディーゼル機関車を日本貨物鉄道(株)に納入

台北市地下鉄をヨンカース工場で完成させ納入

香港向け路面 電車を納入

1993年
(平成5年)
本社ビル「神戸クリスタルタワー」竣工
1994年
(平成6年)

東北・上越新幹線E1系全2階建て電車を東日本旅客鉄道(株)に納入

1996年
(平成8年)

山陽新幹線500系電車を西日本旅客鉄道(株)に納入

南新工場竣工式

川崎重工創立100周年記念式典開催(兵庫工場創立90周年)サッチャー元英国首相来賓

1997年
(平成9年)
アメリカ・ロングアイランド鉄道向け2階建て通 勤客車のプロト車が完成
東海道新幹線700系電車を東海旅客鉄道(株)に納入開始

東北・上越新幹線E4系全2階建て電車を東日本旅客鉄道(株)に納入

ニューヨーク市交通局向け地下鉄電車(R-142A)400両を受注

 
1998年
(平成10年)
ニューヨーク市交通局向け地下鉄電車(R-143)212両を受注

シンガポール向け地下鉄電車66両を受注

 
1999年
(平成11年)

新ステンレス混流ラインの完成と生産開始

 
2000年
(平成12年)

台湾新幹線の正式契約

第27回シドニーオリンピック開催
2001年
(平成13年)

北米唯一の鉄道車両の一貫製造を行う最新鋭の鉄道車両専用工場が完成

2002年
(平成14年)

西工場竣工 同工場での部品事業の操業開始

2004年
(平成16年)

台湾高速鐵路700T型列車の納入を開始

2005年
(平成17年)

中国における鉄道車両エンジニアリング合弁会社(青島四方川崎車両技術有限公司)を設立

2007年
(平成19年)

新総合事務所「車両本館」が完成


ページの終わりですページの先頭へ戻る