歴史車Z2・Z1愛好家向けにエンジン部品(シリンダーヘッド)を再生産

2019年03月01日

news_190301-Z1_Z2_CylinderHead_KeyVisual.jpg
Z2・Z1用シリンダーヘッド
news_190301-Z2.jpg news_190301-Z1.jpg
Z2 Z1


川崎重工は、大型二輪車市場におけるカワサキの地位を決定づけた歴史車「750RS」(1973年発売。以下、Z2)および、その国外向け輸出仕様である「900 super4」(1972年発売。以下、Z1)シリーズのシリンダーヘッドを愛好家向けに再生産します。2019年秋より当社の特設サイトにてご注文を受け付けます。

Z2・Z1は、発売直後より大好評を博し、ともにカワサキのモーターサイクルを象徴する歴史的なモデルとなりました。Z2は国内で累計2万台以上を販売、Z1は世界で累計10数万台以上を販売しています。両モデルの強力なパワーと信頼性、環境への配慮は、現行モデルにも途切れることなく脈々と受け継がれています。

発売から約半世紀が経ち、旧車と呼ばれて久しいZ2・Z1ですが、現在でも世界中のライダーから憧憬をもって愛され、レストアにより実際の走行が可能な美しい車両が数多く現存しています。当社は、両モデルのオーナーのニーズにお応えし、モーターサイクルライフスタイルをサポートするために、シリンダーヘッドの再生産を決定しました。

今回再生産するシリンダーヘッドは、当時の図面に規定された仕様を、現代の製造技術・製造法により実現するというコンセプトに基づいて新たに開発します。初回生産個数は1,000個で、注文の状況に応じて増産を検討します。

なお、シリンダーヘッド以外の部品、Z2・Z1以外の歴史的なモデルの部品については、今回の再生産に対するオーナーの声などにより、検討する予定です。

■部品構成(以下部品を同梱)

カムシャフトブラケット
バルブおよびその周辺部品
タペット
当時の製造技術・製造法の結果として生じた細部の形状や表面の質感などを復元するものではありません。
カムシャフトやシリンダーヘッドカバー、ガスケット類などは含みません。
排気管取り付け用のスタッドボルト寸法は、後期型のM8を採用しています。
「KZ1000Mk.Ⅱ」など通称「角ヘッド」のモデルには適応していません。

適用機種
適合表(別紙)を参照ください。

先行販売国
日本(Z1用として海外市場への販売は検討中)

販売方法・価格
2019年秋に開設予定の販売専用サイトにて受注を開始(価格:未定)。
2020年より販売開始予定。
本品の製造および販売元は川崎重工業株式会社です。
株式会社カワサキモータースジャパン、カワサキプラザネットワークおよびカワサキ正規取扱店での販売、取扱いは行いません。

本品の取り扱いについて
1. 組替え作業
川崎重工業株式会社(以下、当社)、株式会社カワサキモータースジャパン、カワサキプラザネットワークおよびカワサキ正規取扱店でのシリンダーヘッドの組替えはいたしかねます。
お客様ご自身で組替えをされる際は、必ずサービスマニュアルをご覧のうえご対応ください。
整備業者などに組替えを依頼される場合は、お客様ご自身で組替え可能な認証・指定工場業者をお探しください。
2. シリンダーヘッドの瑕疵、保証
シリンダーヘッドの到着後、すぐに開封・組替えし、シリンダーヘッドの機能に不具合がないことをご確認ください。
シリンダーヘッド単品の保証はいたしますが、各取付け車両でコンディションが異なりますので、本品を組み込んだモーターサイクルの品質および性能については、モーターサイクルのパフォーマンスや他の部品への影響含め保証いたしかねます。なお、当社によるシリンダーヘッド単品の保証は、修理または交換といたします。
3. 組替え作業中や車両運転中などの事故、故障に対する補償
天災やお客様の責任による組替え作業中や車両運転中の事故など当社の責に帰すべき事由によらない損害について、当社、株式会社カワサキモータースジャパン、カワサキプラザネットワークおよびカワサキ正規取扱店は補償責任を負いかねます。もっとも、これはシリンダーヘッドの売主である当社の法律上の責任を制限するものではありません。

なお、内容は予告なく変更することがあります。

お客様の製品お問い合わせ窓口:

川崎重工業株式会社ヘリテイジパーツお問合せ窓口

Tel 0120-347-010(日本語のみ対応)
受付時間 月曜日~金曜日(除く祝日、特別休業日)9:00~18:00
Web https://www.heritage-parts.khi.co.jp/ (日本語版)

kawarusaki_logo_red120.png