ページ内移動用のメニューです。


ご存知ですか?川崎重工のこと

ここをご覧になっている皆さんは、当社のことをどれほどご存じでしょうか?


 社名の由来、過去に手がけた事業など...

  ここでは、当社のことを少しだけご紹介します。

 創業者 川崎正蔵

その1 まずは社名から。川崎重工の「川崎」は、苗字なのです。

 現在の社名の「川崎」は、創業者・川崎正蔵の苗字からきたものです。

 

 川崎正蔵が東京・築地に「川崎築地造船所」を開設したのが、すべてのはじまりでした。

その2 歴史ある会社です。その長さは、100年以上。

 創業は1878(明治11)年、株式会社としては1896(明治29)年がはじまりです。

 竣工間近の乾ドック(1902年)

 

 創立100周年記念行事(1996(平成8)年)では、サッチャー・元英首相による記念講演会が開催されました。

 1902(明治35)年に完成した最初の乾ドックは登録有形文化財に指定され、現在も神戸工場内に残っています。

 サッチャー・元英首相

その3 いろいろ作っていました。まさに多角経営。

 過去にはバスなども手がけました。

 

 今では、船舶海洋、車両、航空宇宙、ガスタービン・機械、プラント・環境、モーターサイクル&エンジン、精密機械の7つ事業を抱える総合重工業となっています。


 バス「六甲号」(1934(昭和9)年)

 清洲橋(1928(昭和3)年 東京・隅田川)

 

 

 阪神電鉄・甲子園球場大銀傘(1951(昭和29)年)

その4 あの会社とも関係が。ご存じですか?川崎汽船と川崎製鉄(現JFEスチール)。

 1919(大正8)年、当社の船舶部を分離して川崎汽船が設立されました。

 そして1950(昭和25)年、製鉄部門を分離して川崎製鉄が設立されました。

もっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

川崎重工の沿革をもっと知りたい!

川崎重工の歴史

事業の歴史に興味が湧いた!

ご存知ですか?事業の「はじまり」


ページの終わりですページの先頭へ戻る