配当情報

配当方針等

当社は、将来の成長に必要となる先端的な研究開発と革新的な設備投資を持続的に行い、長期的な株主価値の向上による株主還元を経営の重要課題の一つとしております。また、株主価値向上と配当による株主還元をバランス良く実施していくため、将来の業績見通しに加え財務状況を総合的に勘案した上で、親会社株主に帰属する当期純利益に対する中長期的な連結配当性向の基準を30%とし、中間及び期末の年2回、剰余金の配当を実施することを基本的な方針としております。

しかしながら、近時、新型コロナウイルス感染症拡大による世界的な経済活動の停滞により、特に、旅客需要が急減している航空宇宙システム事業や、外出規制及び個人消費低迷の影響を受けるモーターサイクル&エンジン事業において、当面の間、多大な影響を受けると見ております。

今後も極めて先行き不透明感の強い経営環境下での事業運営を余儀なくされることから、財務体質の強化と手元流動性の確保が喫緊の課題と考え、誠に申し訳なく存じますが、第197期期末の配当金額を0円とすることといたしました。

ポストコロナ社会に必要とされる製品・技術・サービスの開発に、当社グループの総力を挙げて取り組むなど、今後も価値ある製品を市場に提供し、一刻も早く復配できるよう取り組み、株主の皆様のご心配を払拭できるよう全力を尽くしてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申しあげます。

配当の状況

西暦 元号 1株あたりの金額(円) 除斥時期
第197期期末 2020.3 R2.3 0
第197期中間 2019.9 35 2024.12
第196期期末 2019.3 H31.3 35 2024.6
第196期中間 2018.9   35 2023.12
第195期期末 2018.3 H30.3 30 2023.6
第195期中間 2017.9   3 2022.12
第194期期末 2017.3 H29.3 2 2022.6
第194期中間 2016.9   4 2021.12
第193期期末 2016.3 H28.3 7 2021.6
第193期中間 2015.9   5 2020.12
第192期期末 2015.3 H27.3 7 2020.6
第192期中間 2014.9   3 2019.12

自己株式の取得

現在、実施の予定はありません。

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Acrobat Readerが必要です。


お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。