グリーンボンド発行条件決定について

2022年07月08日

川崎重工は、本年66日に発表したグリーンボンド1の発行条件を次のとおり決定しました。この発行により調達した資金の全額をクリーン水素サプライチェーン構築に関する事業に充当し、水素社会の実現に向けて全社をあげて取り組みます。

当社は、2030年度に長期借入金に占めるサステナブルファイナンスの割合を50%、2050年度には100%を目標としています。今後もサステナブルファイナンスによる資金調達活動を通じ、2030年に目指す将来像である「グループビジョン20302」の実現に向けたサステナビリティ経営の取り組みを加速させるとともに、ステークホルダーとのエンゲージメント強化に努め、SDGsの達成と持続可能な社会の実現に貢献していきます。

 グリーンボンドの概要

発行体 川崎重工業株式会社
発行年限 10年
発行額 90億円
利率 0.789%
発行日 2022年714
償還日 2032年714
資金使途 クリーン水素サプライチェーン構築に関する事業
主幹事証券会社 野村證券株式会社、みずほ証券株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

 

※1. 環境課題の解決に貢献する事業に資金使途を限定して発行される債券。
※2. グループビジョン2030 https://www.khi.co.jp/pressrelease/detail/20201102_1.html

【参考リンク】

当社のサステナブルファイナンスについて https://www.khi.co.jp/sustainability/finance/

kawarusaki_logo_red120.png