ばら積運搬船「NAVIOS HERAKLES I」の引き渡し

2019年08月28日

news_190828-1.jpg

ばら積運搬船「NAVIOS HERAKLES I」

川崎重工は、本日、中国遠洋海運集団有限公司と共同運営している南通中遠海運川崎船舶工程有限公司(NACKS、中国南通市)において、INDIGO MARINE SHIPPING S.A.(インディゴ マリン シッピング エス エー)向け81型ばら積運搬船「NAVIOS HERAKLES I(ナビオス ヘラクレス ワン)」(当社第8036番船/NACKS279番船)を引き渡しました。

本船は、当社とNACKSが共同開発した、3隻目の81型ばら積運搬船にあたり、パナマックスサイズのばら積運搬船としては4隻目となります。

本船の引き渡し、主要目ならびに特長は次のとおりです。

<引き渡し>

2019年8月28日

<主要目>

全長
228.90
長さ(垂線間長)
226.00
幅(型) 
32.24
深さ(型)  
20.20
満載喫水(型)
14.50
総トン数
44,120
載貨重量
82,036
t
貨物倉容積
97,745
主機関
MAN B&W 6S60ME-C8.5-TII ディーゼル機関 1
連続最大出力 9.670kW × 89回転/分
航海速力
14.2 ノット
定員
25 名
船級
日本海事協会(NK)
船籍
パナマ

<特 長> 

1)
船首楼付き平甲板型で、穀類、石炭、鉱石などの貨物を搭載可能な7つの船倉を有しています。
2)
省燃費型の電子制御式ディーゼル主機関を搭載するとともに、抵抗の少ない滑らかな船首形状や推進効率の高い形状のプロペラ、当社が開発したカワサキフィン付ラダーバルブおよびコントラフィン付セミダクトなどの推進性能に寄与する技術を採用し、燃費の向上を図っています。
3)
省エネルギー技術の採用によって燃料消費量およびCO2排出量を低減させることで、EEDI規制のフェーズ2に対応しています。

※EEDI(Energy Efficiency Design Index)規制:

1トンの貨物を1マイル運ぶ際に排出されるCO2のグラム数として定義されるエネルギー効率設計指標(EEDI)を用いて、新造船の省エネ性能に関する規制値への適合を強制する国際規制。EEDI規制値は建造契約日と引渡日に応じてフェーズ03まで段階的に強化される。ばら積み運搬船の場合、フェーズ2ではフェーズ0からの20%のCO2削減が要求される。20131月に発効されている。

kawarusaki_logo_red120.png