ページ内移動用のメニューです。


沿革

「日本初」や「国内初」と形容される数々の船を生み出してきた船舶海洋カンパニーの歴史

1878年(明治11)

川崎正蔵、東京築地南飯田町の官有地を借受け、川崎築地造船所を設立(当社の創業)

創業者 川崎正蔵

1896年(明治29)

(株)川崎造船所創立(資本金200万円、初代社長 松方幸次郎、顧問 川崎正蔵)

初代社長 松方幸次郎

1897年(明治30)

貨客船「伊豫丸」(株式会社川崎造船所第一番船)進水

1902年(明治35)

第一乾ドック完成

1998年、文化財保護法による登録文化財に、乾ドックとして国内で初めて登録。

1906年(明治39)

国産初の潜水艇竣工

アメリカからの技術導入により、2隻を竣工。

1908年(明治41)

民間造船所初の大型軍艦「淀」竣工

通報艦「淀」の進水

1915年(大正4)

国産初の巡洋戦艦「榛名(はるな)」竣工

「榛名」進水式風景

完成間近の「榛名」

1918年(大正7)

ストックボート「来福丸」短期建造の世界新記録樹立

第一次大戦下の世界的な船腹不足を背景に、同一船型の船舶を見込み生産したストックボート。1918年に竣工した「来福丸」は起工から30日間で建造を終え、短期建造の世界記録を塗り替えた。

建造中の「来福丸」
起工24時間後
(1918年10月8日)

同ー起工2日後
(1918年10月9日)

同ー起工7日後
(1918年10月14日)

1950年(昭和25)

戦後わが国初の輸出船 大型タンカー「FERNMANOR」竣工

大型輸出タンカー「FERNMANOR」(18,384DWT)

1955年(昭和30)

国内最大(当時)のタンカー「CHRYSANTHY L」竣工

主機に戦後最大のタービンを装備し、初めてプロペラに5枚翼を採用。

1960年(昭和35)

戦後初の国産潜水艦「おやしお」竣工

戦前のリベット構造に代えて全溶接構造を採用。

1967年(昭和42)

坂出工場完成

船舶の大型化に対応するため、合理的レイアウトを持つ大型造船所を新設。

1969年(昭和44)

わが国初の潜水調査船「しんかい」竣工

「しんかい」
海洋調査・観測を目的とし、潜航深度は600m。

1970年(昭和45)

わが国初の自動車専用運搬船「第十とよた丸」竣工

「第十とよた丸」
9層のカーデッキを備え、2,000台以上の乗用車を積載

1971年(昭和46)

わが国初の小型水中作業船「はくよう」竣工

「はくよう」
水深300m以浅の大陸棚を自由に行動。

わが国初の涙滴型潜水艦「うずしお」竣工

「うずしお」進水風景。

1972年(昭和47)

国内最大、最高速(当時)カーフェリー「さんふらわあ」竣工

カーフェリー「さんふらわあ」

1981年(昭和56)

わが国初のLNG(液化天然ガス)運搬船「GOLAR SPIRIT」竣工

クリーンエネルギーとして注目を集め始めた天然ガスを、マイナス163℃に保って運ぶLNG運搬船。独自開発のタンク防熱システム「川崎パネルシステム」を採用。

1985年(昭和60)

わが国初の深海救難艇「ちよだ」竣工

不慮の事故で、浮上不能になった潜水艦から乗組員を安全に救出する役割を担う。

1989年(平成元)

わが国初のジェットフォイル「つばさ」竣工

ジェットフォイル「つばさ」

1994年(平成6)

テクノスーパーライナー実海域模型船「疾風(はやて)」竣工

国家的プロジェクト超高速船テクノスーパーライナーの実海域模型船を建造し、海上試験運転を完遂。

1995年(平成7)

中国に合弁会社「南通中遠川崎船舶有限公司(NACKS)」を設立

中国の海運会社中国遠洋運輸(集団)総公司(COSCO)と合弁。

2002年(平成14)

船舶部門分社化に伴い、株式会社川崎造船の設立。川崎重工から分社独立。

 
2008年(平成20)

南通中遠川崎船舶工程有限公司(NACKS)第2ドック竣工

2010年(平成22)

川崎重工と川崎造船が再統合。船舶海洋カンパニーとして再出発。

 

ページの終わりですページの先頭へ戻る