ページ内移動用のメニューです。


業績レビュー(2017年度)(前期比)

受注高

航空宇宙、車両、精密機械を中心に増加

売上高

プラント・環境での減収があったものの、精密機械やガスタービン・機械、モーターサイクル&エンジン事業での増収により、全体では増収

利益

営業利益および経常利益は、米国車両案件の採算悪化などに伴う車両での悪化や航空宇宙での減益があったものの、精密機械での増益や船舶海洋での改善などにより、全体では増益

(億円)

  2016年度
実績
2017年度 増 減
3月公表※1 実績 前期比 3月公表比※1
受注高 13,487 16,400 16,080 +2,593 ▲320
売上高 15,188 15,750 15,742 +554 ▲8
営業利益 459 530 559 +99 +29
経常利益 366 385 432 +65 +47
親会社株主に帰属する
四半期純利益
262 230 289 +27 +59
税前ROIC 5.0% 4.9% 3.9% ▲1.1% ▲1.0%
ROE 6.0% 7.3% 6.4% +0.4% ▲0.9%

※1 受注高、税前ROIC、ROEの数値は1月公表値

売上加重平均レート

売上加重
平均レート
ドル
(¥/$)
108.98 110.00 110.62
ユーロ
(¥/EUR)
120.24 130.00 129.84

(参考)17年度決算実績における影響外貨量 (億外貨)

ドル ユーロ
22.8 3.4

ページの終わりですページの先頭へ戻る