ページ内移動用のメニューです。


業績レビュー(2016年4月1日~2016年12月31日)(前年同期比)

受注高

新造船需要の低迷による船舶海洋の大幅な減少や、前年同期に大口案件を受注したプラント・環境を中心に減少

売上高

円高の影響や、前期の建設機械の譲渡による減収をプラント・環境の増収等で補い、全体としては前年同期並み

利益

・営業利益は、円高の影響や船舶海洋の悪化、航空宇宙の減益により減益
・営業利益の減少に伴い、経常利益および親会社株主に帰属する四半期純利益は減益

(億円)

  2015年度
3Q累計
2016年度
3Q累計
増 減
受注高 10,753 8,853 ▲1,900
売上高 10,655 10,430 ▲225
営業利益 668 228 ▲439
経常利益 660 230 ▲430
親会社株主に帰属する
四半期純利益
295 179 ▲116
売上加重
平均レート
ドル
(¥/$)
120.68 107.27
ユーロ
(¥/EUR)
133.38 120.01

(参考)3Q決算実績における影響外貨量 (億外貨)

ドル ユーロ
17.3 1.6

ページの終わりですページの先頭へ戻る