「快適」をあなたの現在と未来へ 川重冷熱工業株式会社

Kawasaki Powering your potential

Efficioシリーズ NE/NU/NH型

高効率を追求したEfficioシリーズ。

ガスだき

油だき

  • 期間効率機(標準機)
    NE型(COP1.33)

  • 高期間効率機
    NU型(COP1.39)

  • 高効率・期間効率機
    NH型(COP1.43)

COPはJIS基準

Efficioは世界最高水準の高効率を誇るNZシリーズ(COP1.51)をはじめ、
最適な提案をするべく各製品をラインアップしています。最高効率機NZシリーズはこちら

イニシャルコストとランニングコストの
バランスがとれた期間効率機NE型

Efficioシリーズの標準機。
小型高性能熱交換器の採用や細部にわたる最適化設計、冷媒ドレン熱交換器の高性能化により、軽量化と定格COP向上を実現。
冷却水変流量制御の際の冷却水の下限流量の拡大により、システム効率も向上。

  • COP
    1.33
    (JIS基準)
  • COP
    1.20
    (高位発熱量基準)
  • インバータ制御
    標準装備
    部分負荷効率向上
  • 25%削減
    従来機比重量
  • 冷却水変流量制御
    50%→30%
    消費電力削減

期間効率機 NE型

暖房能力 冷房能力 燃料
標準 281~3,517kW
(80~1,000USRT)
ガス/油
暖房特大① 281~3,165kW
(80~900USRT)
暖房特大② 281~2,813kW
(80~800USRT)

標準機のNE型をベースに、
高期間効率を実現した、NU型

高性能伝熱管を搭載し、COPをさらに向上させました。

  • COP
    1.39
    (JIS基準)
  • COP
    1.25
    (高位発熱量基準)
  • 冷却水変流量制御
    50%→30%
    消費電力削減
  • ターンダウン
    1:8
    高性能ガスバーナ

高期間効率機 NU型

暖房能力 冷房能力 燃料
標準 281~3,517kW
(80~1,000USRT)
ガス/油
暖房特大① 281~3,517kW
(80~1,000USRT)
暖房特大② 281~3,165kW
(80~900USRT)
暖房特大③ 281~2,813kW
(80~800USRT)

標準機のNE型をベースに、
高効率・高期間効率を実現したNH型

高性能伝熱管を搭載、加えて、排ガス熱交換器搭載により従来機では200℃前後で排出していた燃焼排ガスを100℃まで熱回収することで、更なる性能向上を実現。

  • COP
    1.43
    (JIS基準)
  • COP
    1.30
    (高位発熱量基準)
  • 冷却水変流量制御
    50%→30%
    消費電力削減
  • 節電型
    (COP1.41)
    ラインアップ
  • 油だきは灯油のみ
    (COP1.42)
    対応燃料
  • ターンダウン
    1:8
    高性能ガスバーナ

高効率・高期間効率機 NH型

暖房能力 冷房能力 燃料
標準 281~3,517kW
(80~1,000USRT)
ガス/灯油
暖房特大① 281~3,165kW
(80~900USRT)
暖房特大② 281~2,813kW
(80~800USRT)
暖房特大③ 281~2,462kW
(80~700USRT)

※節電型にも対応可能

仕様

 
NE
NU
NH
冷房能力
281~3,517kW(80~1,000USRT)
COP
(JIS基準)
1.33
1.39
1.43
冷水温度
12.0℃→7.0℃(標準)
15.0℃→7.0℃
(標準)
冷却水温度
32.0℃→37.2℃
(標準)
32.0℃→37.1℃(標準)
*COPの数値は機種により消費電力が異なるため参考値となります。
← 横方向にスクロールできます。 →

受賞一覧

  • ・平成30年度「技術賞」(一般社団法人日本ガス協会)
  • ・平成27年度「デマンドサイドマネジメント表彰 一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター理事長賞」(一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター)※節電型