「快適」をあなたの現在と未来へ 川重冷熱工業株式会社

Kawasaki Powering your potential

ボイラの仕組み

蒸気ボイラの基礎知識から省エネ情報をお届けする「動画でわかる!“ボイラ教室”」はこちら

貫流ボイラ

管によって構成され、管の一方から水を送り込み、もう一方から蒸気を取り出す構造のボイラです。
保有水量が少なく、早く蒸気を発生させることができます。
また、コンパクトですから、ボイラの設置スペースは少なくて済みます。

貫流ボイラ

原理

貫流ボイラ

水管ボイラ

上部と下部のドラムを多数の水管でつないだ構造のボイラです。燃焼ガスで水管を温めることにより蒸気を発生させます。高圧で大容量の蒸気をつくりだすことができ、起動特性に優れたボイラです。
耐久性が高く点検が容易で扱いやすいという特徴もあります。

水管ボイラ

原理

水管ボイラ

主な水管ボイラの製品

炉筒煙管ボイラ

円筒形をした構造のボイラです。水を満たした筒にいくつも煙管を設け、その煙管の中に、燃焼室の燃焼ガスを通すことで水を熱します。
保有水量が多く、中容量・低圧の蒸気をつくることが多く、負荷変動による圧力および水位の変動が少ないボイラです。
耐久性が高く点検が容易で扱いやすいという特徴もあります。

炉筒煙管ボイラ

原理

炉筒煙管ボイラ

主な炉筒煙管ボイラの製品

排熱ボイラ

ガスタービン・ガスエンジン発電設備の排ガスの熱を利用して蒸気を発生させるボイラです。
給水を加熱するエコノマイザー、水を蒸発させる蒸発器、蒸気と水を分離するドラム過熱器、給水予熱器の4つの主要部分で構成されています。

排熱ボイラ

原理

排熱ボイラ