「快適」をあなたの現在と未来へ 川重冷熱工業株式会社

Kawasaki Powering your potential

Ifrit

高性能・高機能・長寿命と
扱いやすさの実現

換算蒸発量3,000~6,000kg/h

ガスだき

油だき

ガス・油切替
専焼対応機

  • ボイラ効率99%

  • 大容量高圧

  • 良質な蒸気

蒸気ボイラ業界トップのボイラ効率99%

新開発の高性能エコノマイザー搭載により、ボイラ効率99%を達成。
高い省エネルギー性能を発揮します。

  • 100%以上
    台数制御システム効率
  • 99%
    ボイラ効率
  • 536万円削減
    年間燃料費
  • 139t-CO2削減
    年間CO2排出量
  • 1.96MPa
    最高使用圧力

※IF-6000CGE×1缶と三位置制御小型貫流ボイラ2t/h×3缶の比較。平均負荷60%、7,200h/年

予想効率曲線 Ifrit ガス焚き(入出熱法による)

大容量・高圧対応の高効率標準機

排ガスダウンフローとアルミフィン・SUSフィンの2種類の高性能伝熱管を組み合わせた高性能エコノマイザー搭載により、ボイラ効率98%を達成。
連続PID燃焼制御・給水PID制御により、部分負荷効率も高め、燃料費・CO2排出量を削減。
また、押込送風機・給水ポンプにインバータを標準装備し、運転時消費電力を大幅に削減。

  • 100%以上
    台数制御システム効率
  • 98%
    ボイラ効率
  • 364万円削減
    年間燃料費
  • 95t-CO2削減
    年間CO2排出量
  • 3.2MPa
    最高使用圧力

※IF-6000CGE×1缶と三位置制御小型貫流ボイラ2t/h×3缶の比較。平均負荷60%、7,200h/年

予想効率曲線
Ifrit ガス焚き(入出熱法による)

連続制御(PID制御)

実運転における効率を高める
広いターンダウン

負荷が低い場合のON-OFF回数を大幅に削減することで低い負荷領域においても高いボイラ効率を維持。

  • 6:1
    ガスだきターンダウン
    標準
  • 10:1
    ガスだきターンダウン
    オプション
  • 5:1
    油だきターンダウン
     

負荷とボイラ効率の関係
ターンダウン10:1と2:1の比較

予想効率曲線Ifrit[98%機]ガスだき(入出熱法による)

導入・メンテナンス費用を削減する
コンパクト設計

本機大型貫流ボイライフリートフェルサ(6t/h)に相当する、小型貫流ボイラ(2t/h×3台)を設置した場合と比べ、約27%の省スペースを実現。
台数が少なくなることで、工期短縮・導入費削減。
また、日常点検の手間、メンテナンス費用も削減が可能に。

※当社製小型貫流ボイラ(2t/h×3台)並列設置比  IF6000JGE×1台とKF2000AGE×3台の比較

  • 27%低減
    設置面積

高品質蒸気

乾き度の高い蒸気を安定して供給することで、蒸気が供給される二次側設備の劣化を抑制。
生産工程などでの蒸気使用する際の生産品の品質安定に貢献。
燃費の向上によりCO2削減に貢献。

〔省エネルギーを実現させるために〕

遠心分離式汽水分離器と汽水分離機器給水制御の採用により、すべての負荷領域で99.5%以上の高い乾き度を実現しました。

  • 99.5%以上
    蒸気乾き度全負荷領域
  • 53万円削減
    年間燃料費
  • 14.8t-CO2削減
    年間CO2排出量

※IF-6000CGE×1缶と三位置制御小型貫流ボイラ2t/h×3缶の比較。平均負荷60%、7,200h/年

遠心分離式気水分離器

業界最長となる15年製品保証

年間保守契約の締結により、 15年間の安心運用を実現。
毎年のメンテナンス費用も増減なし。保証範囲も15年間変更なし。

〔省エネルギーを実現させるために〕

川重冷熱のボイラは、これまでに120年を超えるボイラ製造ノウハウを培い、高い耐久性を実現するための工夫が随所に施してあります。
そのため、一般的な小型貫流ボイラの製品寿命である8~10年を大きく上回る15年製品保証を実現しています。

  • 気水分離器給水
    スケールトラブル防止
  • 脱気器内蔵
    腐食防止
  • 丸型缶体構造
    均一加熱
  • 耐圧部焼鈍
    残留応力除去

さらなる高効率と省エネを実現する
オプション機能

施設や運用体制に合わせて、運転コスト、省エネ、燃料を最適化するオプション機能をご用意。

  • 直接ドレン回収※1
    900万円削減
    240t-CO2削減
    年間燃料費
    年間CO2排出量
  • ガスエアヒータ※2
    (ボイラ効率2%アップ)
    109万円削減
    年間燃料費
  • 排ガスO2制御※3
    20万円削減
    5.6t-CO2削減
    年間燃料費
    年間CO2排出量
  • 10:1
    ターンダウン比
  • ガス・油切替専焼
    BCP対応

※1 IF-6000CGE×1缶と三位置制御小型貫流ボイラ2t/h×3缶の比較。平均負荷60%、7,200h/年

※2 IF-6000CGE×1缶、平均負荷50%、4,000H/年

※3 IF-6000CGE×1缶、平均負荷60%、7,200h/年

仕様

 
Ifrit
ボイラ効率
99%
98%
95%
換算蒸発量
3,000~6,000kg/h
最高使用圧力
0.98~1.96MPa
0.98~3.20MPa
使用燃料
13Aガス
13Aガス、LPG
A重油、灯油
その他
ガス・油切替専焼対応機
← 横方向にスクロールできます。 →