ページ内移動用のメニューです。


仮想空間でロボットに動作を教える

近年、自動化ラインの早期立ち上げや教示作業にかかる負荷軽減のため、オフィスなどで事前に教示作業を行うことが普及しつつあります。この作業のことを「オフライン」での教示作業と呼んでいます。

オフライン教示作業には、ロボットの動作プログラムを自動的に生成したり、ロボットの動作を事前にPC上で動作させることができるソフトウェアが必要です。これらはオフライン・プログラミング技術、シミュレータ技術としてロボットの重要な要素技術となっています。

当社が開発したロボットのオフライン・プログラミング・ツール:「K-ROSET」および「KCONG」では、教示作業の自動化を達成することにより、教示作業時間を従来より大幅に軽減し、教示作業の経験に依存しない的確な教示を可能にしています。


産業用ロボットのオフライン教示 KCONG


K-ROSET/KCONGの教示画面


ページの終わりですページの先頭へ戻る