ページ内移動用のメニューです。


第176号 プラント・環境特集号

一般廃棄物(ごみ)炭化処理施設
-“ごみ”から“炭”を製造・有効利用-

[ 新製品紹介 ]

 

当社は2015年6月末、長崎県西海市に「一般廃棄物(ごみ)炭化処理施設」を納入した。本施設は同市内で発生する一般廃棄物・汚泥などを、低い環境負荷で炭化燃料に加工する施設である。製造する炭化燃料は、民間の施設で石炭混焼燃料として有効利用する。コンパクトな炭化炉、高性能な排ガス処理設備、脱塩・造粒処理により、処理規模が小さい場合でも高効率な処理設備を提供することができた。

 

プラント・環境カンパニー 環境プラント総括部 環境プラント部

 

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る