ページ内移動用のメニューです。


第176号 プラント・環境特集号

RDF焚き内部循環流動床ボイラ
-構造改良・運転条件改善による長寿命化-

[ 技術解説 ]

武藤 貞行、森 宏之、清水 敬哲、竹田 航哉

 

 

 

当社が開発した廃棄物固形燃料(RDF)対応の流動床ボイラ(内部循環流動床ボイラICFB)は、高効率を実現するため収熱セルに高温高圧蒸気を生み出す層内管構造を採用している。層内管の腐食摩耗が寿命に大きく影響するが、今回2012年に韓国に納入したボイラにおいて層内管の配置変更による摩耗環境の改善と、燃料の改善による腐食環境の緩和を図ることで、層内管寿命を大幅に改善することができた。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る