ページ内移動用のメニューです。


第167号 陸・舶用機械特集号

電気推進船用高効率減速装置「川崎M1H/M2H」シリーズ

[ 新製品紹介 ]

 

近年、LNG船で採用されている電気推進システム(DFDE)用の高効率減速装置を開発し、2007年6月にその初号機となる「川崎M2H-350型舶用主減速装置」を出荷した。開発に当たり、高い信頼性を評価されているUA型蒸気タービン主機用減速装置と同一の設計思想、材料、および製作方法を採用している。本稿では、「川崎M1H/M2H型舶用主減速装置」の特長を紹介する。

 

ガスタービン・機械カンパニー 機械ビジネスセンター 艦艇部

 

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る