ページ内移動用のメニューです。


第165号 プラント・環境特集号

より高効率で安全な放射性廃棄物処理を目指して
-放射性廃棄物高周波溶融処理設備-

[ 技術解説 ]

朽木 憲一、福田 誠司、角田 俊也、佐藤 康士、山崎 誠一郎

 

 

 

原子力発電所や原子力関連研究施設から発生する低レベル放射性固体廃棄物は、施設の廃止措置により今後大量に発生することが予想される。本稿では、川崎重工が技術開発している、非導電性キャニスタとAIリングを用いて高効率で低レベル放射性固体廃棄物を処理可能とする高周波溶融処理設備について述べる。

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る