ページ内移動用のメニューです。


お取引先との協働

資材調達の基本方針

川崎重工グループは、以下の「資材調達基本方針」に基づき調達活動を展開しております。

公平・公正な取引
お取引先の選定においては、広く公平な機会を提供し、品質、価格、納期、技術開発力などを総合的かつ公正に評価したうえで、誠実に選定を行います。
お取引先とのパートナーシップ
当社は、最適な品質・コスト・納期とその安定調達を実現するために、長期的視点において、お取引先と信頼関係を構築し、相互の競争力強化と繁栄を目指します。
コンプライアンス
関連法規、社会規範を遵守します。また、取引を通じて知り得た情報を適切に管理するとともに、機密情報については、その保持と漏洩の防止を徹底します。
人権・労働・安全衛生への配慮
人権ならびに労働環境や安全衛生に配慮した調達活動を推進します。
グリーン調達による地球環境との調和
製品に使用する資材について、地球環境に配慮した調達を推進します。

また、「資材調達基本方針」と、その趣旨に沿った「資材取引先との取引における行動指針」を当社Webサイトに開示し、当社の資材調達における基本的な考え方をパートナーであるお取引先に周知しております。

CSR調達に対する当社の考え方

当社グループが事業を行っていくうえで、コンプライアンスをはじめとし、人権・労働・安全衛生や地球環境への配慮など、CSRの考えに沿った調達活動を行うことは必要不可欠です。

そのためには、当社グループだけではなくパートナーであるお取引先にもご協力頂き、サプライチェーン全体でのCSRの取り組みを積極的に推進していかなければなりません。

CSR調達に対する当社の取組み

 当社では、Webサイト上に「CSR調達ガイドライン」を開示し、パートナーであるお取引先に対して、CSRへの取り組みを強化するよう要請しております。
 さらに、2016年度には、本ガイドラインの遵守状況を把握するために国内のお取引先を対象にアンケート調査を実施し、本ガイドラインに違反する事例が確認された場合には、対象となるお取引先に改善をお願いするとともに、必要があれば指導や支援を行って参ります。
 また、資機材の調達活動を行っている国内外の当社グループ各社におきましても、各社の事業形態に適合したかたちで各社Webサイトを通じてCSR調達方針等を開示するなど、グローバルかつグループ全体でのCSR調達を志向しています。

紛争鉱物について

 当社では、2013年12月に「紛争鉱物調達方針」を当社Webサイトに開示し、コンゴ民主共和国およびその周辺国で産出される錫、タンタル、タングステン、金の調達・使用によって、当該国での紛争や非人道的行為へ加担する意思はないことを表明しています。

紛争鉱物調達方針

 コンゴ民主共和国およびその周辺国で産出される4鉱物(錫、タンタル、タングステン、金)の中には、虐殺や略奪、性的暴力などの非人道的な行為を繰り返す武装勢力の資金源となっているもの(以下「紛争鉱物」と呼びます)があり、更なる紛争を招く可能性が懸念されています。
 川崎重工グループは、人権尊重の観点から、これら紛争鉱物を調達・使用することで、紛争や非人道的行為に加担する意思はありません。今後も、お客様やお取引先様の皆さまと連携を取りながら、紛争鉱物の問題に取組んでまいります。

コンプライアンスの徹底

 当社では、「下請代金支払遅延等防止法(下請法)」や「建設業法」など調達関連法規の遵守のため、当社グループの調達部門を対象とした集合研修を毎年実施しています。
 特に下請法につきましては、次の通り調達部門に限らず積極的な周知・啓発の取り組みを継続しています。

 
  1. 他社の違反事例等を参考にした「下請法違反事例集」を2009年10月に作成
  2. 各業務にて陥りがちな下請法違反行為を確認・是正するためのツールとして、「下請法自主監査チェックリスト」を2013年4月にイントラネットに掲載し、全従業員に幅広く啓発
  3. 2011年度より、主に設計・製造部門を対象とした研修を各工場および主要関係会社で実施しており、2015年度は715名が受講(参考:累計受講者数は3,449名)

ページの終わりですページの先頭へ戻る