ページ内移動用のメニューです。


活力ある職場風土の実現

ワーク・ライフ・バランスと働き方改革の推進

 「ホワイトカラーの生産性向上」「ワーク・ライフ・バランスの推進」「長時間労働の抑制」を目的に2016年度から働き方改革活動として、Kawasaki Workstyle Innovation活動(略してK-Win活動)を始めました。
 「業務改革」「組織風土改革」「制度改革」の3つの改革を連携させながら活動を進めていき、仕事と生活のバランスの中で、創造的に能力を十分に発揮できる生産性の高い職場の実現を目指します。

年次有給休暇の取得促進

 当社は、計画的に休暇を取得することで、従業員の心身のリフレッシュを図り、仕事とプライベートとのメリハリをつけることを目指し、年次有給休暇の取得を促進しています。
 その方法のひとつとして、「ゆうゆう連休」と「記念日休暇」という2つの制度を設けています。これらは、従業員が年度初めに休暇取得日を設定し、必ずその日に休暇を取得するという制度です。「ゆうゆう連休」は2日間の連続休暇で、「記念日休暇」とあわせ、年間3日の休暇を各人が計画して取得することになります。
更に、労使間の協定により毎年8月の3日間を一斉の年休取得日とし、会社所定休日等と併せて連続9日間の休みを設定するようにしています。

休暇取得日数(年間22日付与)と総労働時間(川崎重工単体)

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
有給休暇 15.4日 15.3日 14.9日 15.0日 15.2日
年間総労働時間 2,037時間 2,050時間 2,078時間 2,070時間 2,075時間
年間残業時間数 272.2時間 283.8時間 303.4時間 340.0時間 307.2時間
有給休暇取得率 70.0% 69.5% 67.7% 68.2% 69.0%

定時退場日の実施

 当社は2006年度より定時退場日を原則週1回設定することを労使間で協定しています。
 定時退場日を設定することによりメリハリのある働き方をすることができ、ワークライフバランスの推進に貢献しています。

経営層と従業員とのコミュニケーション

 活力ある職場環境を構築するためには、経営トップの考えや方針・経営情報などが、できるだけ早く正確に全従業員に共有されることが重要です。当社では、イントラネットや社内報を通じて迅速な情報共有・トップメッセージの浸透を図っています。
 また、川崎重工労働組合と労働協約を締結し、経営方針や経営状況等を説明する「経営協議会」(全社2回以上/年、各カンパニー2回以上/年)、安全衛生の基本方針等を説明する「安全衛生協議会」(1回以上/年)、従業員の危険及び健康障害の防止対策等を協議する「地区安全衛生協議会(1回以上/月)、環境保全に関する会社施策等について説明する「全社環境保全委員会」(年1回)を設けるなどして、活発な意見交換を行っています。
 当社は、労働協約において、団体交渉を行う権利を認めており、経営の合理化や重要な労働条件の変更等について団体交渉を行おうとする場合には、2日前までに通知することとしています。しかしながら、団体交渉を行う前に事前の労使協議(必要により随時開催)によって、双方誠意を持って平和的に解決を図ることを原則としており、40年以上争議行為は発生していません。
 当社では、ユニオンショップ制を採用しているため、一般従業員は全員、川崎重工労働組合の組合員であり、2017年3月末日現在の労働組合構成率は76.6%です(幹部職員を含む正規従業員に対する比率)。

能力と業績に応じたメリハリのある処遇制度

 当社は、能力と業績に応じたメリハリのある処遇制度、モチベーションや能力開発意欲の向上を図る処遇制度を実現するために、期待される役割(職務)と能力を基準にした「職能資格制度」を、人事処遇(配置、給与、賞与等)や育成の基軸としています。そのため、国籍や性別等による区別はなく、職能資格に応じた同一の報酬体系としています。
 そして、この職能資格制度を運用する上での基礎となるのが、「人事考課制度」です。人事考課は、仕事の困難度と達成度および取り組み姿勢を評価する「業績評価」と、知識・技能を中心とする職務遂行能力を評価する「能力評価」で構成し、評価基準については全従業員に開示しています。
 また、上司は部下と年2回以上面接することとし、目標設定や評価の納得性を高めるようにしています。

公平な評価・処遇のための教育・研修

 公平・公正な評価を行うために、評定手順を定めて評価者に示すとともに、評価者としてのスキルアップのために、ケーススタディなどをとりいれた研修を課長研修などの場で実施しています。
 また、年に一度、労働組合に対して昇進、処遇の状況について説明し、公平・公正な処遇が行われていることの確認をしています。

 

ページの終わりですページの先頭へ戻る