ページ内移動用のメニューです。


地域との災害協定の締結について

兵庫県明石市との災害等に関する協定の締結について

 川崎重工明石工場は、2013年に兵庫県明石市と災害等に関する2つの協定を締結いたしました。
ひとつは、明石市内で高度医療を必要とする傷病者の搬送や、火災・地震・風水害等による大規模な災害が発生した場合の緊急物資搬送に関するもので、当社明石工場のヘリポート(明石川崎ヘリポート)を無償で提供いたします。なお、明石工場では、2008年に明石市消防本部との間に、高度医療を必要とする傷病者の搬送にヘリポートを無償提供する覚書を締結し協力してきましたが、今回、緊急物資の搬送も含めて、明石市との協定として再締結したものです。
また、もう一つは大規模な津波発生時の一時避難に関するものです。
明石工場は海抜約15mの高台にあり、大規模な津波が発生した場合にも被害を防げることから、明石市内に大規模な津波による災害が発生、または発生する恐れがある場合に、敷地の一部を一時避難場所として地域住民その他の方に開放いたします。

調印式の写真(右:泉 房穂明石市長、左:明石工場事務所長 岡本 望)

調印式の写真(右:泉 房穂明石市長、左:明石工場事務所長 岡本 望)

岐阜県との災害等に関する協定の締結について

 川崎重工岐阜工場は、岐阜県と「災害航空応援協力協定書」を1987年に締結いたしました。
岐阜県内で大規模災害が発生した場合に、当社の保有するヘリコプタを用い人及び物の緊急輸送に応援協力いたします。
また、岐阜県と「大規模災害発生時における岐阜県・川崎重工業応援協定」を2009年に締結しており、岐阜県内で大規模災害が発生した場合に他都道府県からの緊急航空隊航空機の駐機場所や燃料給油施設をお貸しいたします。

岐阜県各務原市との災害時における覚書の締結について

 川崎重工岐阜工場は、1997年に岐阜県各務原市と「大規模災害時における物資搬送拠点の設置に関する覚書」を締結いたしました。各務原市内で大規模災害が発生した際に当社の岐阜工場の一部を無償で提供し、各務原市の物資搬送拠点として活用いたします。

神戸市西消防署との災害時における協定の締結について

 川崎重工西神戸工場は、2010年に神戸市西消防署と災害時における協定を締結いたしました。神戸西消防署が災害時や救急等消防活動においてヘリコプタを必要とする場合や、消防業務上にヘリコプタが必要な時に当社西神戸工場の土地の一部を臨時離着陸場として無償で提供いたします。


当社は今後とも地域社会との一層の協力関係を築き、地域社会の期待に応えられるよう努力していきます。


ページの終わりですページの先頭へ戻る