ページ内移動用のメニューです。


川崎重工時代1969年(昭和44年)~

1980年(昭和55年) わが国初の北米向けフィラデルフィア市路面 電車を納入

昭和55年(1980年)6月2日、アメリカ・フィラデルフィアのサウスイースト・ペンシルベニア運輸公団(SEPTA)向けの 路面電車試作車2両が完成した。
試作車両は、市街・地下線用シングルエンド車と郊外線用ダブルエンド車各1両で、軌間は広軌の1,581mm、車体長は約16mで 赤・青・白の星条旗カラーが施された。また、バイアメリカ法適用のため電気品や冷暖房装置、腰掛、ドア装置などは、アメリカ製部品を採用している。
なお契約によって、最終艤装組み立てはアメリカのフィラデルフィアにあるボーイングバートル社の現地工場を借用して行うという従来にない輸出方式をとり、 昭和57年度に全141両を納入した。

アメリカSEPTA路面 電車完成 昭和55年(1980年)

沿革(年表)へ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る