ページ内移動用のメニューです。


カンパニー制・執行役員制の導入と役員体制の変更について

2001年03月01日

川崎重工は、昨秋策定した中期経営計画のなかで事業特性にあったスピーディーな経営と事業の自立性強化、経営の効率性向上などを目的として経営スタイルの変革に取組むことを掲げました。この方針に基づき、本年4月1日より社内カンパニー制並びに執行役員制を導入し、併せて、同日付けで役員体制の変更を行うことにしました。

1. 社内カンパニー制の導入
(1) 導入の目的
当社は、これまで事業部を利益単位として、開発から製造・販売・アフターサービスに至るまでの自己完結的な組織運営を行ってきましたが、市場環境の急激な変化にスピーディーに対応していくためには、事業部という小さな事業単位では、経営資源の集中・再配分という点で柔軟性に欠け、また、これまでの総合重工という枠組みの中では、独立採算型の事業部制であっても他部門に依存する意識が払拭されていない面もありました。
そこで、市場の変化にスピーディーに適応する経営を行うため、独立した会社に近い形態の社内カンパニー制を導入して、経営幹部を含む従業員の意識改革を促し、各カンパニーが委譲された権限と責任の下に、自らが意思決定を行い、他社との業務提携、M&Aを含めた機動的な事業運営を行うことを目指します。
(2) カンパニーの組織編成
  現在の13の事業部門を再編して6カンパニーの事業体制とし、各カンパニーには、カンパニーの業務執行に最終責任を負うカンパニープレジデントをトップとするカンパニー経営会議を設置して、事業運営に当たります。
また、カンパニーとして独立した営業行為を可能とするため、カンパニープレジデントを代表取締役とします。
(3) 本社機構の改革
  カンパニー制の導入に併せてカンパニーへの権限委譲を進めるとともに、本社の機能を、取締役会・社長のスタッフとしてのコーポレートスタッフ機能と全社に高度で専門的なサービスを提供するプロフェッショナルサポート機能と位置づけ、この観点から組織の統合・再編を行い、スタッフ機能の強化とサポート機能の効率化を図ります。
また、全社の研究・開発部門である技術総括本部についても、カンパニーに密着した研究・開発についてはその機能をカンパニーに移管するとともに、研究所の統合等を行い、共通基盤技術ならびに新製品・新技術開発体制の強化と効率化を図ります。

〔参考〕

新組織:別紙1

2. 執行役員制の導入
当社は、事業が多岐にわたり、そのバトル・フィールドも異なるため、執行役員制を導入し、それぞれの事業のプロがその事業・業務領域に即した判断を行い、迅速な業務執行が行える体制とします。
また、同時に、取締役を少数化して取締役会での審議を活性化し、取締役会審議事項である戦略的意思決定の迅速化を図るとともに、経営監視機能を強化します。
3. 4月1日以降の役員体制
カンパニー制、執行役員制の導入に併せて新体制で経営に当たるため、4月1日付けで別紙2のとおり役員の異動を行うとともに、執行役員を任命しました。
[別紙2]

 

(1) 役付取締役の変更 ( )内は現役位名
代表取締役副社長 にしむら ただし
西 村 正 (常務取締役)
代表取締役常務 まえだ たくや
前 田 卓 也 (取締役)
代表取締役常務 たどころ しゅういち
田 所 修 一 (取締役)
代表取締役常務 やました けんご
山 下 健 悟 (取締役)
常務取締役 もりた しんいち
森 田 進 一 (取締役)
取締役 おがた けんじろう
緒 方 謙二郎 (代表取締役副社長)
取締役 お の やすひこ
小 野 靖 彦 (代表取締役副社長)
取締役 たかわ ひろみち
髙 輪 裕 通 (代表取締役専務)
取締役 やまだ しげじ
山 田 重 治 (代表取締役専務)
取締役 おおうちだ としあき
大内田 敏 昭 (代表取締役専務)
  取締役

さかさい みのる
逆 井 實 (常務取締役)

(2) 代表権の付与者
代表取締役社長 たざき まさもと
田 﨑 雅 元 (代表取締役社長)
代表取締役副社長 いのうえ よしろう
井 上 義 郎 (代表取締役副社長)
代表取締役副社長 にしむら ただし
西 村 正 (常務取締役)
代表取締役常務 おおまえ とおる
大 前 太 (常務取締役)
代表取締役常務 すごう たかし
須 郷 隆 (常務取締役)
代表取締役常務 さえき たけひこ
佐 伯 武 彦 (常務取締役)
代表取締役常務 まえだ たくや
前 田 卓 也 (取締役)
代表取締役常務 たどころ しゅういち
田 所 修 一 (取締役)
代表取締役常務 やました けんご
山 下 健 悟 (取締役)
(参考) 取締役の体制
取締役会長 かめい としお
亀 井 俊 郎
(代)取締役社長 たざき まさもと
田 﨑 雅 元
(代)取締役副社長 いのうえ よしろう
井 上 義 郎
(代)取締役副社長 にしむら ただし
西 村 正
(代)常務取締役 おおまえ とおる
大 前 太
(代)常務取締役 すごう たかし
須 郷 隆
常務取締役 はしぐち ひろのぶ
橋 口 寛 信
(代)常務取締役 さえき たけひこ
佐 伯 武 彦
(代)常務取締役 まえだ たくや
前 田 卓 也
(代)常務取締役 たどころ しゅういち
田 所 修 一
(代)常務取締役 やました けんご
山 下 健 悟
常務取締役 もりた しんいち
森 田 進 一
取締役 おがた けんじろう
緒 方 謙二郎
取締役 お の やすひこ
小 野 靖 彦
取締役 たかわ ひろみち
髙 輪 裕 通
取締役 やまだ しげじ
山 田 重 治
取締役 おおうちだ としあき
大内田 敏 昭
取締役 さかさい みのる
逆 井 實
取締役 みずの かずお
水 野 和 夫
取締役 あつた としお
熱 田 稔 雄
取締役 かとう ただお
加 藤 忠 男
取締役 さかの こうすけ
坂 野 耿 介
取締役 かわじ こうめい
川 治 光 明
取締役 ふじい ようすけ
藤 井 洋 祐
取締役 いけだ しろう
池 田 志 朗
取締役 さとう まさかず
佐 藤 禔 員
(注)(代)は代表取締役を示す。
(3) 執行役員就任者 ( )内は現職名
  執行役員社長 たざき まさもと
田 﨑 雅 元 (社長)
  執行役員副社長 いのうえ よしろう
井 上 義 郎 (副社長)
  執行役員副社長 にしむら ただし
西 村 正(ガスタービン・機械事業本部長)
  執行役員常務 おおまえ とおる
大 前 太(汎用機事業本部長)
  執行役員常務 すごう たかし
須 郷 隆(航空宇宙事業本部副本部長)
  執行役員常務 はしぐち ひろのぶ
橋 口 寛 信(技術総括本部長)
  執行役員常務 さえき たけひこ
佐 伯 武 彦(車両事業本部長兼汎用機事業本部副本部長)
  執行役員常務 まえだ たくや
前 田 卓 也(プラントエンジニアリング事業本部産機プラント事業部長)
  執行役員常務 たどころ しゅういち
田 所 修 一(船舶事業部長)
  執行役員常務 やました けんご
山 下 健 悟(ガスタービン・機械事業本部ガスタービン事業部長)
  執行役員常務 もりた しんいち
森 田 進 一(総合企画室長)
  執行役員 あつた としお
熱 田 稔 雄(技術総括本部副本部長兼明石技術研究所長)
  執行役員 かとう ただお
加 藤 忠 男(総務部長)
  執行役員 ふじい ようすけ
藤 井 洋 祐(汎用機事業本部副本部長兼営業総括部長兼技術総括部長)
  執行役員 いけだ しろう
池 田 志 朗(人事部長)
  執行役員 さとう まさかず
佐 藤 禔 員(財務部長)
  執行役員 しんどう いさお
新 藤 功(プラントエンジニアリング事業本部パワープ ラント事業部長)
  執行役員 かどわき ふみたけ
門 脇 文 武(ガスタービン・機械事業本部ガスタービン事業部副事業部長)
  執行役員 なかやま みきひこ
中 山 幹 彦(船舶事業部神戸造船工場長)
  執行役員 いとう きみお
伊 藤 公 雄(機械・鉄構事業本部鉄構・機器事業部長)
  執行役員 くろさき よしみつ
黒 崎 泰 充(技術総括本部電子・制御技術開発センター長)
  執行役員 あおき しょうじ
青 木 昭 二(航空宇宙事業本部航空宇宙営業本部長)
  執行役員 なかむら あきじ
中 村 明 人(航空宇宙事業本部企画室長)
  執行役員 てらさき まさとし
寺 崎 正 俊(労働部長)
  執行役員 よしの たかし
吉 野 隆(ガスタービン・機械事業本部機械事業部長)
  執行役員 まつざき あきら
松 﨑 昭(車両事業本部建設機械事業部長兼製造部長)
  執行役員 おおはし ただはる
大 橋 忠 晴(車両事業本部車両事業部副事業部長(営業担当))
  執行役員
もとやま ちかし
元 山 近 思(航空宇宙事業本部航空宇宙事業部副事業部長)
  執行役員 こうざい のぶいち
香 西 延 一(船舶事業部坂出造船工場長)
  執行役員 はまだ しげる
浜 田 滋(汎用機事業本部技術総括部副総括部長兼品質保証部長)
  執行役員
みはら しゅうじ
三 原 修 二(汎用機事業本部企画室長兼プロジェクト部長)

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る