ページ内移動用のメニューです。


業界最小・最軽量 小型ロボット専用コントローラ「Fシリーズ」を新発売

2016年11月24日

C3161124-1.jpg
「F60」コントローラ

 

川崎重工は、小型ロボット専用コントローラ「Fシリーズ」を2016年12月1日より新発売します。

今回発売する「Fシリーズ」コントローラは、これまで、小型汎用ロボット「RS003N」「RS005N/L」「RS006L」「RS010N」および医薬・医療用ロボット「MC004N」「MS005N」には「E7X」コントローラ、半導体製造装置用クリーンロボットおよび双腕スカラロボット「duAro」には「D6X」コントローラと、それぞれ異なるコントローラで用途最適化に対応してきましたが、さまざまな用途への対応を可能にし、コンパクトな本体でありながら高い拡張性で外部機器との連携機能を強化することで、さらなる高機能要求に応えることを目的に開発しました。従来の「E7X」コントローラ、「D6X」コントローラの優れた操作性はそのままに、メンテナンス性を向上させ、省エネルギーにも対応しながら業界最小かつ最軽量を実現したコントローラです。
「Fシリーズ」コントローラの発売により、2015年3月1日に発売を開始したEシリーズの「小型・省エネコントローラ」とあわせて、コンパクトで高機能なコントローラとしてカワサキロボットの全ラインナップをカバーしていきます。

今回発売するのは、小型汎用ロボット「RS003N」「RS005N/L」「RS006L」「RS010N」、医薬・医療用ロボット「MC004N」「MS005N」向けの「F60」コントローラで、今後、半導体製造用クリーンロボット、双腕スカラロボット「duAro」向けにもラインナップを順次拡大していきます。

 

1.特長

 

業界最小・最軽量
部品の集約・小型・軽量化や部品配置の最適化により、体積比約77%、質量比約72%削減し、大幅な小型化を実現しました。これにより、19インチラックへの収納や段積み設置などが可能となり、コントローラの設置スペースを大幅に縮小できます。また、8.3kgと軽量であることから、一人で簡単に持ち運ぶことも可能です。(「F60」コントローラと従来機「E7X」コントローラとの比較)

 

省エネルギー
ロボット動作時に発生する回生エネルギーを電力として再利用することによるエネルギー損失量の低減や、使用部品や制御の見直しによる制御回路の消費電力低減により、従来比10%以上の電力削減を達成し、省エネルギー・CO排出量削減に貢献します。

 

ユニバーサル対応
従来、日本・アジア、欧州、米国向けそれぞれの規格に対応するためコントローラの仕様が異なっていましたが、機能安全技術を用いて安全回路部を共通化し、各国の規格に対応する全世界共通仕様を実現しました。

 

高い拡張性
オプションでさまざまな機能を追加搭載できる高い拡張性を有し、幅広いニーズにお応えします。
・Bluetoothインターフェースを内蔵可能で、特別な設定なしにタブレット等から接続可能
・2Dビジョン機能が搭載可能
・リモートI/Oとして、32チャンネルのI/Oユニットを最大4ユニットまで接続可能
・コンパクトな本体でありながら、外部モータ制御用アンプを最大2軸分と安全監視機能「Cubic-S」を搭載可能

 

2.主要諸元

 
 制御型式  F60
 発売予定日  2016年12月1日
 外形寸法  W300×D320×H130mm
 質量  8.3kg (オプション含まず)
 制御軸数  標準6軸(最大8軸)
 外部記憶  USBメモリ
 外部インターフェース  USB/イーサネット/RS232C

  

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る