ページ内移動用のメニューです。


川崎重工の歴史

  • 1878年~1909年
  • 1910年~1949年
  • 1950年~1989年
  • 1990年~
  • 年表
  • 組織変遷
1878年

川崎正蔵が川崎築地造船所(東京)を開設(創業)。

1896年

株式会社川崎造船所(神戸)を創立。松方幸次郎が初代社長に就任。

1897年

伊豫丸(川崎造船所第一番船)進水

1902年

乾ドック(神戸工場 第1ドック)完成

1906年

兵庫工場を開設

1906年

わが国初の潜水艇を完成

1908年

民間造船所初の大型軍艦「淀」竣工

1911年

国産化第1号蒸気機関車完成

1918年

兵庫工場に飛行機科を設置

1919年

船舶部を分離して、川崎汽船(株)を設立

1922年

当社初の航空機(乙式一型偵察機)完成

1926年

東京市の永代橋を製作

1928年

兵庫工場を分離して、川崎車輛を設立

1933年

「六甲号」自動車の製作販売を開始

1934年

満鉄「あじあ号」用パシナ形蒸気機関車を納入

1937年

飛行機部門を分離して、川崎航空機工業(株)を設立

1939年

川崎重工業株式会社として社名変更

1941年

「飛燕」戦闘機の生産を開始

1950年

製鉄部門を分離して、川崎製鉄(株)を設立

1952年

ヘリコプタの製造を開始(ベル47D型)

1969年

川崎重工業、川崎車輛、川崎航空機工業の合併

1969年

国産初の産業用ロボット「川崎ユニメート2000」誕生

1969年

モーターサイクル「H1」を発売

1972年

モーターサイクル「Z1」を発売

1972年

汽車製造(株)を合併、川重冷熱サービス(株)を設立

1973年

ジェットスキーの販売を開始

1975年

米国でモーターサイクルの生産を開始

1976年

ガスタービン発電設備PU200を開発

1979年

BK117型ヘリコプタ初飛行

1986年

アメリカで鉄道車両生産開始

1988年

アメリカで建設機械生産開始

1981年

わが国初のLNG運搬船を引渡し

1989年

明石海峡大橋主塔工事を受注

1991年

英仏海峡海底鉄道トンネル掘削機、掘削に成功

1996年

東京湾アクアライン向け世界最大径シールド掘削機、掘削完了

1996年

創立100周年

2001年

北米唯一の鉄道車両の一貫製造を行う最新鋭の鉄道車両専用工場が完成

2001年

社内カンパニー制と執行役員制を導入

2002年

船舶部門が(株)川崎造船として分社独立
精機部門(油圧機器部門)が(株)カワサキプレシジョンマシナリとして分社独立

2003年

破砕機事業部門が(株)アーステクニカとして分社独立((株)神戸製鋼所との合弁)

2004年

台湾高速鉄道向け車両初出荷

2005年

プラント部門がカワサキプラントシステムズ(株)として分社独立

2006年

環境部門がカワサキ環境エンジニアリング(株)として分社独立

2007年

カワサキプラントシステムズ(株)とカワサキ環境エンジニアリング(株)が合併し、新たにカワサキプラントシステムズ(株)として発足

2007年

次期固定翼哨戒機(XP-1)試作1号機・次期輸送機(XC-2)試作1号機ロールアウト

2008年

(株)アーステクニカを完全子会社化

2009年

建設機械部門が(株)KCMとして分社独立

2010年

(株)川崎造船、カワサキプレシジョンマシナリ、カワサキプラントシステムズを再統合

2013年

シスメックス(株)と医療用ロボットの開発に向けたマーケティング会社(株)メディカロイドを設立

2015年

(株)KCMを日立建機グループに譲渡

  • 1878年~1909年
  • 1910年~1949年
  • 1950年~1989年
  • 1990年~
  • 年表
  • 組織変遷

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら 


ページの終わりですページの先頭へ戻る