ページ内移動用のメニューです。


東京地下鉄殿向南北線ホームドア

東京地下鉄殿向7号線四谷駅ホームドア

東京地下鉄殿向7号線四谷駅ホームドア

東京地下鉄殿向南北線プラットホームドア

平成3年11月から平成12年10月の間4期に分けて、帝都高速度交通営団殿向(現 東京地下鉄)南北線に国内で最初に設置した地下鉄用プラットホームドアです。 同線全19駅に設置し、6両編成に対応しています。

プラットホームドアは、同線のようなワンマン運転の線区において、プラットホームの安全確保には欠かせない設備であり、この他、腰高式(ハーフハイト)プラットホームドア(可動柵)や可動踏板付プラットホームドアも用意し、今後も顧客のニーズに合わせて開発・提供してまいります。

写真は同線四谷駅のプラットホームドアで、スクリーンをチャコールグレーにし、格調高い雰囲気作りに寄与しています。


ページの終わりですページの先頭へ戻る