ページ内移動用のメニューです。


JR貨物DF200形式電気式ディーゼル機関車

JR貨物DF200形式電気式ディーゼル機関車

DF200形式電気式ディーゼル機関車は、JR貨物のDD51形式ディーゼル機関車の出力不足を解消するための本線用ディーゼル機関車で、昭和33年以降始めてのディーゼル発電式でモーター駆動の車両です。駆動軸は、6軸です。高加速・高速・高出力で粘着性能の良いものとするため、VVVF方式の制御方式で誘導電動機を採用し、応答性の良い発電ブレーキとすることができました。誘導電動機を採用することで、メンテナンスの省力化を行います。

速度 最高運転速度110 km/h
制御装置 VVVFインバータ制御
主電動機 320kW
主要寸法 19,600mm(L)、2,805mm(W)、4,078mm(H)
製作年 1992~2001年

関連リンク


ページの終わりですページの先頭へ戻る