ページ内移動用のメニューです。


川崎車輌時代1928年(昭和3年)~1968年(昭和43年)

1936年(昭和11年) 流線形モハ52形4両編成を鉄道省に納入

この時代、後に名車と呼ばれる車両が数多く出現している。一世を風びした流線形の車両はその代表である。電車では戦前の省線電車のうち、最高の名車といわれた流線形モハ52形を製造した。この電車は、当時私鉄と激烈な競争をしていた東海道本線の京阪神間で急行電車として活躍した。

鉄道省モハ52形流線形電車1・2次車 昭和11年(1936年)

沿革(年表)へ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る