ページ内移動用のメニューです。


坂出LNG向けLNG基地を引き渡し

2010年03月25日

 

 

川崎重工は、本日、坂出LNG株式会社向けLNG基地を完成させ、引き渡しました。本基地は、2006年2月に坂出LNGから受注した四国初の大型LNG基地で、当社としては初めて、土木建築から機電設備までの工事一式をフルターンキーで施工したものです。

本基地は、地上式LNGタンクとしては国内最大級の地上プレストレストコンクリート(PC)式LNGタンク(容量:18万KL)を有しており、当社は本基地の工事着工からLNG第1船受入までの建設工事を3年の短期間で施工し、総合試運転を経て、本日の引き渡しに至りました。なお、坂出LNGは、同日、本基地の営業運転を開始し、四国電力株式会社坂出発電所への天然ガス供給を始めました。坂出発電所では、天然ガスに燃料転換した4号機(ボイラー発電設備)に供給するほか、2010年8月には1号機(ガスタービン発電設備)への供給を開始します。

LNGは、地球環境にやさしい、CO2排出量の少ないクリーンエネルギーとして需要が急増しており、国内外でLNG基地の建設が見込まれています。
当社は、1982年に地下式LNGタンクを建設、1983年には地上式LNGタンクを建設して以来、金属二重殻式・ピットイン式・PC式・地下メンブレン式など、LNGタンクの全形式での納入実績(27基)を持っており、これらの実績に加え、今回のフルターンキーでのLNG基地建設の施工能力をもとに、国内外で積極的にLNG基地ビジネスを展開していきます。

なお、今回納入したLNG基地の概要は以下のとおりです。

1. 客 先 : 坂出LNG株式会社(出資比率:四国電力70%、コスモ石油20%、四国ガス10%)
2. 所 在 地 : 香川県坂出市番の州緑町1-6
3. 契約範囲 : 土木建築および機電設備の工事一式(フルターンキー)
(1)LNG受入設備一式
(2)地上PC式LNGタンク(容量:18万KL)1基
(3)LNG払出設備一式
(4)LNGタンクローリー出荷設備一式
   

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る