ページ内移動用のメニューです。


水産大学校向けオートトロールシステム用として最新鋭の川崎自動定点保持装置を納入

2007年09月03日

 

 

  川崎重工は、独立行政法人水産大学校練習船「耕洋丸」向けに、最新鋭のオートトロールシステム用川崎自動定点保持装置「KICS-5000STN」を納入しました。

川崎自動定点保持装置「KICS-5000STN」は、水産大学校およびニチモウ(株)、(株)カワサキプレシジョンマシナリ、(株)カイジョーソニックとの共同研究により開発したオートトロールシステム「STNシステム」に組み込まれます。本装置は、電力ケーブル敷設等の海洋工事で使用され好評を得ているオートトラッキング機能付きの自動定点保持装置「KICS-5000」を、STNシステムに合わせて更に進化させており、海中の漁具(トロール網)を魚群の位置へ自動的に誘導することができる自動曳網制御機能を備えています。
川崎自動定点保持装置「KICS-5000STN」の特長は次のとおりです。
(1) 曳網中に、可変ピッチプロペラおよび舵、ワープウインチの自動操作により、漁具が目標魚群位置(緯度、経度、深度の3次元位置)を自動で通過することができます。(STNSフルオートモード)
(2) 魚群が移動した場合に、目標魚群位置を変更可能なオーバーライド機能を有しています。(STNSフルオートモード)
(3) 上記のSTNSフルオートモードのほか、漁具の深度のみを自動調整し、設定したルートに沿って本船をオートトラッキングさせるSTNSセミオートモードや、ジョイスティックと回頭ダイヤルで手動操船を行いながら、ワープウインチも手動操作するSTNSマニュアルモードを備えています。
(4) 種々の計測機器から測定した魚群位置、漁具位置を、自船位置とあわせてディスプレイ上にグラフィカルに表示できます。(STNSモード時)

今回の納入は、自動定点保持装置「KICS-5000」シリーズとして5隻目の搭載実績となり、本装置を組み込んだ「STNシステム」は今後のトロール操業のモデルとなるシステムです。当社は今後も顧客のニーズに応え、海運、海洋工事、海洋資源開発等に貢献するため更なる技術開発に取り組んでいきます。

[装置の概要]
名称 :KICS (Kawasaki Integrated Control System)
型式 :KICS-5000STN
機能(操作モード): (注)STNSの3モードが今回新たに開発した機能。
モード名称 内 容
STNS*1 フルオートモード 漁具の目標三次元位置への自動誘導
セミオートモード 船位を設定ルートに沿わせる自動制御および漁具深度の自動制御
マニュアルモード 画面で魚群を確認しながらジョイスティックと回頭ダイヤルで漁具を手動誘導
DPS*2 定点保持モード 目標位置に船位を留める自動制御
ルートトラッキングモード 船位を設定ルートに沿わせる自動制御
JOYSTICK 連動マニュアルモード ジョイスティックと回頭ダイヤルで推進装置と舵を統括制御
個別マニュアルモード ジョイスティックと回頭ダイヤルで推進装置と舵を個別に操縦
*1 Self Trawl & Navigation System *2 Dynamic Positioning System

※ 自動定点保持装置(DPS):GPS等の船体位置計測装置を使用して船体位置をリアルタイムに計測しながら、船体位置が所定の位置からずれないように推進装置や舵を自動的に制御する装置。

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る