ページ内移動用のメニューです。


新開発の最新鋭VLCC「KATSURAGISAN」の引き渡し(川崎造船)

2005年07月19日

 

川崎造船は、7月15日、坂出工場において、Rhapsody Shipping S.A.向け315,000重量トン型ダブルハルVLCC「KATSURAGISAN」(当社第1563番船)の引き渡しを行いました。
本船は、マラッカ海峡を通行できる船型としては最大級の積載能力を有し、当社が開発した新船型の1番船となります。

本船の工程、主要目ならびに特長は次のとおりです。

<工程>  
  起工 2004年12月27日
  進水 2005年 5月13日
  引き渡し 2005年 7月15日
     
<主要目>  
  全長 333.00 メートル
  長さ(垂線間) 324.00 メートル
  幅(型) 60.00 メートル
  深さ(型) 29.00 メートル
  満載喫水(型) 20.896 メートル
  総トン数 160,292トン
  載貨重量 311,620トン
  荷油槽容積 351,580m3
  主機関 川崎-MAN B&W 7S80MC-C型ディーゼル機関 × 1基
連続最大出力27,160キロワット×76回転/分
  航海速力 約15.55ノット
  定員 30名
  船級 日本海事協会(NK)
  船籍 パナマ

 

<特長>
1) 本船は、当社が新規開発した最新鋭タンカーで、マラッカ海峡を通行でき、日本の主要バースに入港できる船としては最大級の積載能力を有しています。
2) 燃料油タンクを貨物タンク同様に二重船殻構造とすることで、事故時の海洋汚染防止対策を施しています。
3) 省エネルギー対策として、フィン付きラダーバルブ(RBS-F)および高効率タイプのプロペラを採用しています。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る