ページ内移動用のメニューです。


新型ミニホイールローダ「AUTHENT 25ZV」を発売

2004年09月15日

川崎重工は、「AUTHENTシリーズ」の新型ミニホイールローダ「AUTHENT 25ZV」を10月1日より発売します。

今回発売する「AUTHENT 25ZV」は、バケット容量が0.26m3の「AUTHENT Vシリーズ」の最小機種で、市街地での道路工事、農畜産での堆肥処理、除雪など、その小回り性を活かして、さまざまな現場のニーズに対応できます。
「AUTHENT 25ZV」は、サスペンション付きシートや小径ハンドル、ガスシリンダ付きボンネット開閉機構などを新たに採用し、バックブザーやリアコンビネーションランプなどを新たに標準装備に加えることにより、作業性、操作性、安全性を向上させています。
また、国土交通省「排出ガス第2次基準値」および「低騒音基準値」※1をクリアした低燃費・低騒音のエンジンを搭載しています。

「AUTHENT 25ZV」の特長および主要諸元は、次のとおりです。

【特長】

□操作性・居住性の向上

体重調節付サスペンションを内蔵した新デザインのシートを採用し、作業時の振動を和らげ、オペレータの疲労を軽減させます。
全油圧式パワーステアリングを標準装備するとともに、新たに小径ハンドルを採用し、軽くてスムーズなハンドル操作を実現します。
電気式シャトルシフトを採用し、ハンドルから手を離さずに前後進の切り替えが可能です。
リアフレームオシレーション※2を採用することにより、センターピンを中心に前輪・後輪が独立して揺動し、路面を確実にとらえることが可能なことから、軟弱地や不整地での直進・旋回時の安定性に優れています。

□作業性の向上
牽引力の大きさに比例して車速を自動的に減速するオートドライブシステムにより、坂道での停止・スロー発進が安定して行えます。
アーティキュレート方式※3を採用し、旋回半径が小さく内輪差がないことから、狭い現場や不整地でもスムーズな走行ができます。

□安全性・整備性の向上
バックブザーを標準装備し、バック時の安全性を向上させています。
滑り止め付きの乗降ステップを新たに装備し、乗降時の安全性を向上させています。
ボンネットの開閉にガスシリンダ式を新たに採用し、エンジン・油圧系統のメンテナンスを容易にしています。
セーフティスタートスイッチや駐車ネガティブブレーキなどにより、安全性を高めています。

※1 国土交通省「排出ガス第2次基準値」および「低騒音基準値」については、12月に認可予定。
※2 リアフレームオシレーション
水平方向に左右に折れ曲がることが出来るアーティキュレートタイプのステアリングとは別に、センターピン部分を特殊な自在継手構造とすることで、前後フレームのローリングを可能とし、凹凸路でも全輪が地面に接し、駆動力を最大限に発揮することができる。
  
※3 アーティキュレート方式
車体を前と後ろに2分割し、中央をピンで接合しそのピン(センターピン)を中心として車体を左右に屈折させることでハンドルを切る方式。

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る