ページ内移動用のメニューです。


新開発の4ストロークエンジンを搭載したモトクロスレース専用車「KX250F」を新発売

2003年06月12日

川崎重工は、新開発の4ストロークエンジンを搭載したモトクロスレース専用車「KX250F」を8月8日より、全国一斉に新発売します。

「KX250F」はスズキ株式会社との共同開発で、カワサキのモトクロスレース専用車としては初の4ストローク単気筒エンジンを、軽量・高剛性のペリメターフレームに搭載したモデルです。エンジン、フレームともカワサキの長年のレース活動で培われた技術をもとに新設計され、扱いやすく小型軽量化されたエンジンと、優れた路面追従性を実現した新方式のユニトラックリアサスペンションの採用などにより、モトクロスレースにおいて高い戦闘力を発揮します。

全面新開発の水冷4ストローク単気筒エンジン(249cm3)は、さまざまな軽量素材や潤滑方式にセミドライサンプ方式を採用することにより、4ストロークのモトクロス専用車としてはトップレベルの軽量化に成功しています。また、オートデコンプの採用や点火時期の最適化などにより、4ストロークエンジンを搭載したモトクロスレース専用車の課題である始動性とエンジンブレーキ特性とを大幅に向上させるとともに、広い回転域での高出力と優れたレスポンスを実現しています。車体は、リンク構造の変更などによって優れた路面追従性を実現した新方式のユニトラックリアサスペンションと、4ストロークエンジン搭載に伴い車体剛性を全面的に見直した新設計のフレームによって、優れた走破性と軽快な操縦性を実現しています。

(注)公道ではない不整地のコースで、決められた時間内で順位を競うレース。

1.主な特長

□エンジン関係
水冷4ストローク単気筒4バルブエンジン(249cm3)は、チタン製バルブやマグネシウム製カバー類をはじめとする徹底した軽量素材の使用や、バランサの廃止、セミドライサンプ方式の採用などにより、4ストロークのモトクロス専用車としてトップレベルの軽量化に成功しています。
信頼性の高いオートデコンプを採用すると同時に、点火時期とキャブレターの設定を最適化して始動性の良さを実現しています。また、エンジンが暖まっている状態での再始動を容易にするホットスタータ機構も装備しています。
エンジン内部の慣性バランスやデジタルCDI方式による点火時期の最適化により、広い回転域での高出力や優れたレスポンスと、減速時に発生するエンジンブレーキの適性化を実現しています。
  
□車体関係
フレームへのリンク構造を新設計とし、スイングアームなどの主要部品に鍛造アルミニウムを採用した新方式のユニトラックリアサスペンションは、優れた路面追従性を実現しています。
新設計の軽量・高剛性のペリメターフレームは、新方式のユニトラックリアサスペンションの採用と4ストロークエンジン搭載に伴って車体剛性が全面的に見直され、軽快な操縦性と軽量化を実現しています。
D型断面をもつパイプをフレームの一部に採用することで、スリムなライディングポジションを実現しています。

2.主要諸元





前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る