ページ内移動用のメニューです。


VLCC「KUMANOGAWA」の引き渡し

2001年04月19日

川崎重工は、4月20日坂出工場において、パナマのギャラクシーナビィエラマリタイム社(GALAXY NAVIERA MARITIME S.A.)ご注文の300,000重量トン型VLCC「KUMANOGAWA(クマノガワ)」(当社建造第1496番船)の命名・引き渡しを行ないます。

本船の主要目および特長は次の通りです。


<工 程>
起工 2000年10月13日
進水 2000年12月22日
引き渡し 2001年 4月20日


<主要目>
全長 333.00 メートル
長さ(垂線間) 320.00 メートル
幅(型) 60.00 メートル
深さ(型) 29.30 メートル
満載喫水(型) 20.85 メートル
総トン数 159,566 トン
載貨重量 302,203 トン
荷油槽容積 342,400 m3
主機関 川崎-MAN B&W 7S80MC Mk VI型ディーゼル機関×1基
連続最大出力25,480キロワット×79回転/分
航海速力 約15.25 ノット
定員 30名
船級 日本海事協会(NK)
船籍 リベリア

<特 長>

1.本船は省エネルギー対策として推進抵抗の少ない船型、フィン付きラダーバルブ(RBS-F)及び高効率タイプのプロペラを採用しています。
2.本船の主要寸法は国内外の港湾の入港制限に対応できる汎用性を持ったものとしています。
3.プロペラ起振力による水圧変動を吸収する川崎ダンプタンクを採用し、振動の軽減を図っています。

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る