ページ内移動用のメニューです。


  • 川崎重工 ホーム
  • プレスリリース
  • 遠隔協調で熟練技術者の動きを再現する新ロボットシステム「Successor」を販売開始 ―ロボット化が困難であった分野への新たなソリューション―

遠隔協調で熟練技術者の動きを再現する新ロボットシステム「Successor」を販売開始 ―ロボット化が困難であった分野への新たなソリューション―

2017年11月29日

 

C3171129-1.jpg

 

川崎重工は、遠隔協調で熟練技術者の動きを再現する新ロボットシステム「Successor(サクセサー)」の販売を開始します。まず2018年度に当社西神戸工場のロボット製造ラインへ導入するとともに、一部のお客さま向けに限定販売し、2019年度より一般販売を開始します。

「Successor」とは、遠隔協調を可能とする新開発遠隔操縦装置を有するシステムで、遠隔操縦によりさまざまな分野にロボットを適用することが可能であり、このシステムは多岐にわたるカワサキロボットに対応できます。
本システムは熟練技術者が遠隔装置で操作した動きを、ロボットの自動運転に切り替えられ、また繰り返し操作した動きをAI技術を用いてロボットが学習することで、微調整が必要な熟練技術者の繊細な動きもロボットで再現します。これにより、

製品の組立・艤装など人の感覚を必要とする工程や、鋳物・プレス部品など製品のばらつきが大きく人の技能を必要とする分野
人が介在せずに自動化するためにセンサーを多用したり、ライン全体または工場ごと改造しなければならず、また教示に時間がかかり過ぎてコスト・時間的に見合わない分野
受注生産品や個別部品など製品形状が微妙に異なり、また頻繁に製品モデルを変更するといった非量産品分野

など、従来自動化が難しかった分野へのロボット導入を可能にします。
さらに、熟練技術者がロボットに記憶させた動きを、触覚、力覚、視覚、聴覚などを再現できるフィードバックシステムを通じて新人技術者へ技能伝承することも可能です。

当社は、国産初の産業用ロボット製造開始から現在に至るまで、50年間で培った技術力を活かし、ロボットを活用した新しい産業の未来を創造していきます。

【「Successor」の主な機能】
遠隔協調が可能な新遠隔操縦装置(コミュニケーターと呼びます)を用いて、以下を実現しています。
・自動運転/遠隔操作のハイブリッド機能
ロボットの自動運転と人による遠隔操作を自由に組み合わせることができるため、熟練技術者が必要でロボットの導入が難しかった製造ラインのロボット化が可能です。
・マルチコントロール機能
一人の作業者が一台の入力装置で複数台のロボットを遠隔操作することができます。
・コンバージョン機能
人が遠隔操作で動かした動きを、そのままロボットが憶えて自動運転に切り替えられます。
・AI機能
人が遠隔操作で行ったばらつきのある作業でも、AI技術でロボットが学習することにより自動運転に変換することが
可能です。
・トレーニング機能
熟練技術者の作業をロボットに記憶させることで、後継者へロボットを通じた技能伝承ができます。

 

詳細資料:新ロボットシステム「Successor」を販売開始

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る