ページ内移動用のメニューです。


  • 川崎重工 ホーム
  • プレスリリース
  • 小型貫流ボイラ「WILLHEAT(ウィルヒート)」シリーズを新発売 業界最長となる15年間の製品保証を提供(川重冷熱工業)

小型貫流ボイラ「WILLHEAT(ウィルヒート)」シリーズを新発売 業界最長となる15年間の製品保証を提供(川重冷熱工業)

2016年10月17日

C3161017-3.jpg 
WF-2000GE

 

川重冷熱工業は、コンパクトかつ大型ボイラ並みの耐久性を兼ね備え、業界最長となる15年間の製品保証※1を提供する小型貫流ボイラ「WILLHEAT(ウィルヒート)」シリーズを、2016年10月17日より新発売します。

小型貫流ボイラは、ボイラ技士免許が無くても小型ボイラ取扱特別教育修了者であれば取扱うことができ、なおかつ多缶設置によるフレキシブルな運用が可能であるという特長から、化学・食品・紙パルプなどの工場における製造用熱源や、病院・ホテルなどの空調用として幅広く使用されています。

新発売の「ウィルヒート」シリーズは、当社がこれまで培った大型ボイラの技術をベースに設計・製造したもので、貫流ボイラ「KF」シリーズから引き継いだ高ボイラ効率(98%)・高乾き度(99.5%)はそのままに、インバータ連続制御による消費電力の削減、コンパクトな缶体の採用や補機の配置見直しにより軽量化・設置面積の低減を図るとともに、ボイラ缶体の高耐久性・長寿命を実現しています。
さらに、オプションとして燃焼量を連続的に制御する機能と排ガス中のO濃度を制御するハイパフォーマンスパッケージを用意し、安定した蒸気圧力と低燃費のニーズに対応します。
これらの特長と、従来機の信頼性の高い運用実績を踏まえ、業界最長となる15年間の製品保証を提供します。さらに、機器の状態によっては最長20年まで特別延長保証が可能です。

今回発売するのは、換算蒸発量2,000kg/hの「WF-2000GE」(ガス焚き・最高使用圧力0.98MPa)で、従来機(KF-2000AGE)と比較し、設置面積を約10%コンパクトにするほか、消費電力を7%低減します。今後、「WF-2000GE」を皮切りに、ラインナップを拡充していきます。

当社は、2015年に発売開始した大型貫流ボイラ「Ifrit Fuerza(イフリートフェルサ)」シリーズに加え、小型貫流ボイラ「ウィルヒート」シリーズを投入することで、幅広いニーズにお応えしていきます。

小型貫流ボイラ「ウィルヒート(WF-2000GE)」の特長および仕様は次のとおりです。

 

1.主な特長

 

耐久性の向上
大型ボイラ開発で培った技術を応用し、耐圧部に焼鈍を施すほか、丸型缶体構造を採用することにより、耐久性向上と長寿命化を実現。

 

省エネルギー・環境性能の向上

 

 

・ 

ボイラ効率は98%(蒸気圧力0.49MPa、給水温度15℃、給気温度35℃)を実現。

 

 

燃焼可能範囲の向上(2:1→5:1)※2により、通風熱損失が低減され燃費を低減。

 

 

・ 

給水ポンプと押込送風機は、インバータ連続制御を標準とし、部分負荷の消費電力を低減。

 

 

・ 

独自のPID(比例・積分・微分)制御により、部分負荷から最大負荷まで、高いボイラ効率を維持。(ハイパフォーマンスパッケージ/セットオプション)

 

 

・ 

排ガスO制御の採用により、季節変動による燃焼用空気のずれを自動補正し、常に省エネルギー運転が可能。(ハイパフォーマンスパッケージ/セットオプション)

 

 

軽量・コンパクト化
従来機に比べ、設置面積で約10%、製品重量で約23%(約600kg)※2低減し、軽量・コンパクト化を実現。

 

 

蒸気圧力追従性の向上
燃焼ターンダウン拡大と連続給水比例制御の採用により、燃焼ON-OFFによる圧力変動・給水時の温度変化による圧力変動が低減。(±0.05MPa → ±0.03MPa)※2

※1 15年間の製品保証は、当社とのボイラ薬品契約およびメンテナンス契約が必要です。
※2 小型貫流ボイラ「WF-2000GE」と従来機「KF-2000AGE」との比較

 

2.仕様表

 
 機 種 WF-2000GE
 換算蒸発量 2,000kg/h
 最高仕様圧力 0.98Mpa
 使用燃料 都市ガス13A中圧

 

□お問合せ先
  川重冷熱工業株式会社 東京本社 
  営業・サービス総括室 営業・サービス企画部
  TEL 03-3645-8251

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る