ページ内移動用のメニューです。


(株)長岡火力発電所向けガスエンジン発電所建設工事を受注

2016年04月19日

川崎重工は、(株)長岡火力発電所〔(株)IDIインフラストラクチャーズ100%出資、以下「長岡火力発電所」〕より、発電容量86MW級のガスエンジン発電所建設工事を受注しました。

今回受注した施設は、長岡火力発電所が新電力事業者向けに販売する電力の安定供給を目的とするもので、発電出力7,800kW、世界最高の発電効率49.5%を誇る自社開発の「カワサキグリーンガスエンジン」(KG-18-V)11基で構成される発電容量86MW級の発電所です。本施設は、新潟県長岡市深沢町に建設され、2018年7月の運転開始を目指しています。
当社はプラントの設計、発電機器の供給および据付、土木建築からなる建設工事一式をフルターンキー方式で請け負います。

 「カワサキグリーンガスエンジン」は、優れた発電効率・環境性能と発電開始から6分間で最大出力に到達できる高い機動性を有し、さらに毎日起動発停を行うDSS(Daily Start and Stop)に対応するなど、発電所の柔軟な運用と稼動率の向上を可能にします。ガスエンジンを用いた中小規模分散型電源は、実運用における高い発電効率と優れた負荷調整能力でエネルギーミックスの実現に不可欠な調整電源として注目されており、当社はこれまでに新電力事業者から多数の受注実績を有しています。今回の受注は、「カワサキグリーンガスエンジン」の持つこれらの特長や施工・稼働実績が総合的に高く評価されたものです。

当社は、エネルギーの有効利用と環境負荷の低減が求められるなか、今後も「カワサキグリーンガスエンジン」をはじめとした発電機器の提供を通じて社会に貢献していきます。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る