ページ内移動用のメニューです。


斜板形アキシャルピストンモータ「M7V/M7Xシリーズ」を新発売

2015年09月28日

C3150928-2.jpg

 

川崎重工は、斜板形アキシャルピストンモータ「M7V/M7Xシリーズ」を2015年10月1日より新発売します。

「M7V(可変容量型)/M7X(固定容量型)シリーズ」は、斜板形として世界最高レベルの高速回転性能を持ち、ウインチ(巻き上げ機)やドリルなどの建設機械の駆動に加え、各種産業車両のHST走行駆動など幅広い用途に使用可能な油圧モータです。なお、HST走行駆動へ適用する場合、同時発売の斜板形アキシャルピストンポンプ「K8Vシリーズ」と組み合わせて使用することも可能です。

本シリーズは、当社が建設機械や産業車両などの分野で築き上げた豊富な実績をもとに、航空機や鉄道車両などの開発で培った流体解析技術などを駆使して新開発したロータリ部品(ピストン、シリンダ等)を採用しています。斜板形モータならではのコンパクトな形状はそのままに、これまで困難とされていた高速回転を実現します。また、スムーズな動作を実現する起動性能および微細な運転でも正確に操作できる低速性能を有しており、産業車両への搭載性や本機の要求する操作性の改善に貢献します。

制御方式としては、電気および油圧パイロットによる比例制御や圧力一定制御などを揃え、さまざまなニーズに応えます。

「M7Vシリーズ」は、2015年10月1日より「M7V112」(押しのけ容積112cm)および「M7V160」(同160cm)の発売を開始し、2016年夏には「M7V85」(同85cm)の発売を予定しています。

 

 

HST(Hydro Static Transmission)
エンジンなどの動力を伝達するトランスミッション機構のひとつで、油圧ポンプと油圧モータの容量調節により、無段変速を可能とする。

 

主要諸元

 

可変容量モータ

固定容量モータ

モータ 形 式

M7V85

M7V112

M7V160

M7X85

M7X112

M7X160

押しのけ
容積
(cm

最 大

85

112

160

85

112

160

最 小

0-65

0-85

0-120

圧   力
(MPa)

定 格

40

最 高

45

最高回転数
(min-1)

at qmax

3,900

3,550

3,100

3,900

3,550

3,100

at
q<0.6qmax

6,150

5,600

4,900

max: 最大押しのけ容積  q:押しのけ容積

 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る