ページ内移動用のメニューです。


国内舶用主機メーカーとしてME-GIエンジンを初受注

2014年06月10日

 

川崎重工は、ノルウェーのユナイテッド・ヨーロピアン・カー・キャリアーズ社(United European Car Carriers B.V.)が発注する3,800台積み自動車運搬船2隻向けに、舶用電子制御式ガスインジェクションディーゼル機関(ME-GIエンジン)「川崎-MANB&W 8S50ME-C8.2-GI」2台を国内舶用主機メーカーとして初めて受注しました。本船は中国南通市の南通中遠川崎船舶工程有限公司(NACKS)で建造され、2016年就航の予定です。

ME-GIエンジンは、重油と天然ガスの双方に対応する2元燃料エンジンです。同エンジンは天然ガス燃料使用時に、従来型の重油焚2サイクルディーゼル機関と比べて、硫黄酸化物(SOx)の排出量を大幅に削減するとともに、二酸化炭素(CO)の排出量も大幅に抑えることが可能です。

今後、国際海事機関(IMO)により、欧州をはじめ全世界的に硫黄酸化物(SOx)や二酸化炭素(CO)などを対象とした厳しい排出規制の適用が予定されています。当社は、排出規制をクリアする次世代の舶用主機関のひとつとして、ME-GIエンジンを積極的に営業展開していきます。

 

□「川崎-MAN B&W 8S50ME-C8.2-GI」機関の概要

 

出力

11,000 kW

  回転数 113rpm
  シリンダ直径 500 mm
  シリンダ数
       

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る