ページ内移動用のメニューです。


東京モーターショーに「Ninja ZX-14R」など2012年参考出品モデル等12台を出展

2011年11月16日

C3111108-1.jpgNinja ZX-14R

 

川崎重工は、12月3日(土)より9日間にわたり東京ビッグサイトで開催される「第42回東京モーターショー 2011」に、「Ninja ZX-14R」などジャパンプレミア3機種を含む参考出品モデル等12台を出展します。 

今回カワサキは、スポーツモデルNinjaシリーズの最上級モデルとして、「Ninja ZX-14R」を出品します。新設計の1,441cmハイパワーエンジンを採用し、トラクションコントロールシステム「KTRC(注)」など、カワサキ最新のテクノロジーを搭載。優れたスポーツ性能と日常での扱いやすさを両立した、カワサキを代表する一台です。

同じくNinjaシリーズで、ミドルサイズのオールラウンドスポーツモデル「Ninja 650」を出品します。エンジン特性の見直しにより、力強さと扱いやすさを向上。新設計のコンパクトなフレームを採用することで、快適なライディングポジションを実現しています。外観は、Ninjaシリーズにふさわしい、アグレッシブなスタイリングとしています。

また、欧米でも人気の高い650ccミドルスポーツ、Versys(ヴェルシス)の上位モデルとなる、「Versys 1000」を出品します。高出力な4気筒エンジンとロングストロークサスペンションの独特なパッケージが特徴の、ファンライディングをコンセプトとしたモデルです。

(注)KTRC:Kawasaki Traction Control

 

2012年ニューモデルの概要

■「Ninja ZX-14R」

カワサキを代表するスポーツモデル、Ninjaシリーズの最上級モデル。排気量を1,441cmへと拡大し、大幅なパワーアップにより強烈な加速性能を発揮する水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブエンジンや、熟成を重ねさらに充実した足回り、先進のトラクションコントロールシステム「KTRC」を搭載するなど、カワサキの技術の粋を集めたフラッグシップモデルです。また、Ninjaシリーズの特徴として、優れたスポーツ性能に加え、日常での使いやすさも挙げられます。ゆったりとしたライディングポジション、優れたウインドプロテクション、新形状のシートにより、快適なライディングを可能にしています。

 

■「Ninja 650」

スポーティさと快適性を絶妙にバランスさせた、ミドルサイズのオールラウンドスポーツNinja。軽量、コンパクトな649cm並列2気筒エンジンは、常用回転域のトルクアップにより、市街地での扱い易さや追い越し加速性能を向上。新作のダブルパイプフレームによるボディのスリム化に加え、バックボーンスタイルのリアフレームによる足付き性の向上により、スポーツライディングを気軽に楽しめる車体構成です。アグレッシブなデザインのフロントフェアリングには、高さ調整が可能なスクリーンを装備。ロングツーリングにも最適な風防効果を発揮します。サイレンサーは特徴的なショートタイプで、スタイリッシュなイメージを強調します。

C3111116-1.jpgNinja 650

 

■「Versys 1000」  

操作性の高いライディングポジションでマシンを自在に操り、ストリート・サーフィンを愉しめる650ccミドルスポーツとして、欧米でも人気の高いVersys(ヴェルシス)。その最上位モデルとなる「Versys 1000」では、さらに満足度の高いスポーツ性能を追求しました。高出力な1,043cm並列4気筒エンジン、衝撃吸収性に優れたロングストロークサスペンション、スポーティな17インチロードタイヤを組み合わせた独特のパッケージは、都会の雑踏、曲がりくねった峠道、延々と続くハイウェイなど、様々なシチュエーションで最高のファンライディング性能を提供します。機能美を表現した、タフなルックスも魅力です。

C3111108-3.jpgVersys 1000

 

出品車両

 
Ninja ZX-14R
 
Ninja ZX-14R (シャーシ展示)
 
Ninja ZX-10R (レース車)
 
Ninja 1000 ABS
 
Ninja 650
 
Z1000
 
Z750R
 
Versys 1000
 
Versys 1000 (アクセサリー装着車)
   
W800
   
W800 スペシャルエディション (アクセサリー装着車)
 
KR250R (レース車)
 

 

参考出品モデル

       

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る