ページ内移動用のメニューです。


180,000重量トン型ばら積運搬船「CAPE AMANDA」の引き渡し

2011年04月11日

C3110411-1.jpg

 

川崎重工は、4月8日に坂出工場において、“K” LINE BULK SHIPPING (UK) LIMITED 〔ケイ ライン バルク シッピング (ユーケー) リミテッド〕向け180型ばら積運搬船「CAPE AMANDA(ケープ アマンダ)」(当社第1672番船)を引き渡しました。
本船は、フランスのダンケルク港に入港可能な船型としては最大級の積載能力を有し、当社が開発した180型ばら積運搬船の第6番船となります。

本船の引渡、主要目ならびに特長は次のとおりです。

 

<引 渡>

     
2011年4月8日

<主要目>

 
全長
 
 292.00  メートル
 
長さ(垂線間長)
 
 288.00  メートル
 
幅(型)
 
 45.00  メートル
 
深さ(型)
 
 24.70  メートル
 
満載喫水(型)
 
 18.20  メートル
 
総トン数
 
 93,235  トン
 
載貨重量トン数
 
 182,741  トン
 
貨物艙容積
 
 203,226  m
 
主機関
 
 川崎-MAN B&W 6S70MC-C7×1基
 連続最大出力 17,780kW×87回転/分
 
航海速力
 
 約15.3ノット
 
定員
 
 28名
 
船級
 
 日本海事協会(NK)
 
船籍
 
 パナマ

<特 長>

1)
 
本船は、フランスのダンケルク港に入港可能な最大船型として、当社が新規開発した最新鋭のばら積運搬船です。
2)
 
ばら積運搬船の船体強度に関する新規則(共通構造規則:CSR)を適用し、安全性を向上させています。
3)
 
省燃費型ディーゼル主機関および高効率タイプのプロペラ、さらに当社が開発したコントラフィン付セミダクトおよび川崎フィン付ラダーバルブなど最新の技術を採用し、推進性能を向上させることにより燃料消費量を低減させています。
4)
 
燃料油タンクの二重船殻構造化および甲板機器の電動化を採用することにより、万一の際の海洋汚染防止対策を施しています。
5)
 
バラストタンクの腐食防止対策として定められた新塗装基準(PSPC)を適用し、塗装の高品質化を達成しています。

 

 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る